2011年 12月 08日

大きな白無地の琺瑯キャニスター

大きな白い円筒形の琺瑯キャニスターふたつ。
アメリカの映画会社ソニー・ピクチャーズが処分した美術小道具のひとつだという。

黒や紺のリムのない真っ白なものはかなりレアだと思う。

(底径はともに約12cm/A・左……高さ:約17.5cm/B・右……高さ:約16.5cm/御売約)

f0151592_22115376.jpg




f0151592_22122335.jpg

【A】小道具として使われていたので、傷はあるが実質的には未使用品と考えてよいと思う。

f0151592_22124494.jpg

蓋の部分にエナメル質の欠けがある(内側も)。

f0151592_22152736.jpg

【B】底のほうに少し大きな欠けあり。

f0151592_22163158.jpg

上のほうにも。

f0151592_22172489.jpg

内側の同じ方向にも欠けあり。

f0151592_22185495.jpg

内部は使用感がなくとてもきれい。
【A】のほうは欠けもない。

f0151592_22201129.jpg

このラベルを最初に見たときは、「どうして『SONY』???」と不思議に思った。
もしかして『コロンビア映画』時代のものかなぁ……。

f0151592_22221216.jpg

キッチンに置くとこんなサイズ感。

密閉性はないので、粉ものや乾物は袋に入れたままこの中にしまうとよいかも。

***************************************


キッチンペーパーの左にあるガラスの容れ物は、最近活躍している浅漬け容器。
無印良品の廃番セールで買った(定価1,300円の10%OFFだったかな……?)。
塩で揉んでギュ〜ッと絞ると、ナス2本・キュウリ2本入る。

ネットで石黒智子さんの浅漬け容器を見て、
「デザインはシンプルだけど、大きすぎるし5,000円は高〜い」と思っていたら、
ひばりヶ丘PARCOでこれと遭遇。
2人分にちょうどいい。

人気がなかったのかな?便利なのにね……。

by penelope33 | 2011-12-08 22:26 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< 琉球・湧田焼の灰釉茶碗      川越『大玉や』の煎餅 >>