2011年 12月 13日

青い琺瑯片口

底に『MOON ANGEL』というスタンプのある青い琺瑯片口ふたつ。

これが『MOON RABBIT』だったら、
「MADE BY『野田琺瑯』+ DISTRIBUTED BY『フジイ』」の
御存知『月兎印』(since 大正15年)なんだけど……。
いわゆる “バッタもん” なのだろうか?

昭和20〜30年代頃のデッドストック品と思われる。

普通のボウルに注ぎ口をつけたのと違い、ちゃんと “片口” らしい形をしている。

(A《L》……直径:約19cm・高さ:約9.9cm・御売約/B《M》……直径:約16.8cm・高さ:約8.7cm・御売約)

f0151592_18545278.jpg




f0151592_18552146.jpg

【A】大きいほう。

f0151592_1856890.jpg

【B】小さいほう。

f0151592_18594325.jpg

また【A】に戻ります。

f0151592_1911026.jpg


f0151592_1914015.jpg


f0151592_192583.jpg


f0151592_192262.jpg


f0151592_1925349.jpg


f0151592_1931619.jpg


f0151592_1934220.jpg

“月に天使” のマーク。

……以上、【A】のディテールでした。

f0151592_1943786.jpg

【B】

f0151592_195794.jpg


f0151592_1953165.jpg


f0151592_1955627.jpg


f0151592_1962016.jpg


f0151592_1964124.jpg


f0151592_197781.jpg

【A】【B】ともに未使用ながら、経年の錆び、琺瑯の欠けなどアリ。

by penelope33 | 2011-12-13 19:14 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
Commented at 2011-12-14 07:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2011-12-14 14:12
> 鍵コメント at 2011-12-14 07:49さん

大きなほう(A)の内部は傷もないので、問題はないと思います。
小さいほう(B)の見込みは、下から4番目の画像のように、
小指の先程、表面のエナメル質にヒビが入っている部分があります。

中で食品をかきまぜたりすると、ここが剥がれると思いますので、
植木にお水をやるとか、そんな用途が無難かもしれません。
Commented at 2011-12-14 19:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2011-12-14 21:57
> 鍵コメント at 2011-12-14 19:38 様

ありがとうございます。
追ってメールさせていただきます。


<< キュノワールのような瀬戸焼大鉢      琉球・湧田焼の灰釉茶碗 >>