青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 04月 19日

フランスの古い裁ち鋏

鉄味のよい古いフランスの裁ちバサミ。
ほっそりとしたフォルムと適度な重みもいい。

切れ味も素晴らしいので、
単なるコレクションというより、頼もしい仕事仲間になるはず。

(19世紀末/長さ:約23.3cm/御売約)

f0151592_17423843.jpg




f0151592_1743821.jpg

f0151592_17433574.jpg

f0151592_17433742.jpg


f0151592_17442225.jpg

少々の錆があるので、気になる方はヤスリなどでお手入れを。
街の研屋さんに出してもよいかと。


*********************************************


f0151592_17445819.jpg

ZOOのお古のLevi'sのブラックジーンズ。
何回か履いてみたのだけど、
腰回りがブカブカで、留めたボタンがすぐにはずれてしまう。
新しくEDWINのジーンズを買ったので、処分することに。

分厚いデニムの縫い目の部分もよく切れる。

このジーンズに鋏を入れているとき、
昔母が、ちっちゃくなったジーンズ(当時は「Gパン」って言ってたな)で
ペンケースを作ってくれたことを思い出した。
センターに赤いファスナーのついた、ブルーデニムのペンケース。

初めて身につけたジーンズはEDWINで、
それまで出会ったことのない、ゴワゴワした藍色の生地とシルエットに、
ちょっと気持ちが高揚したのを覚えている。

EDWINの社史を見ると、
1975年に『リトル・エドウイン』という子ども向けのジーンズを売り出したとあるから、
まさにその恩恵を被った世代だったわけである。

下の走っている女の子は、10歳の頃の自分(2歳上の兄が撮影)。
ダンガリーシャツの下はもちろんジーンズだ。

f0151592_17455382.jpg

大人になって「やっぱり定番のLevi'sを」と思っても、
股上が深めでジップフライ、インディゴの色が濃いめのものというと、
メンズであることが多く、結局チビの私に合うものとなるとEDWINが多かった。

『二子ノミの市』に出たとき、
タキモトさんがかっこいいブラックデニムを履いていた。

どこのブランドのものか尋ねようと思ったのだけど、
たぶん高価なものなんだろうと思い、眺めるだけにした。
(件の本を見ると、『arts & science』のものだったようで)。

最初に勤めた会社の上司で、今はロンドン在住のTさんのジーンズがいい色だったので
尋ねてみたら、「ユニクロ。よく聞かれるんだよね。結構いいでしょ」と。

「ナルホド」と店に行ってみると、安いのになかなかインディゴの色がよいので2本購入。

ただ、ユニクロのジーンズは最初のうちはいいのだけど、
色褪せたとき、染めに深みがないことがバレてくる。
まあ、値段から言っても消耗品と考えたほうがいいのかもしれない。

記録映画の製作会社に勤めていたとき、
フリーのベテラン女性映画編集者のYさんの履いていたブラックジーンズがかっこよかったので、
どこで買ったのかと尋ねてみた。

化粧っ気なし、銀鼠ボブに黒い服、セルフレームの眼鏡、
若い時分に肺を患ったのにヘビースモーカーのYさんは、
「渋谷の駅前の露店でよく売ってるでしょ。あれ」と教えてくれた。
折って履くから丈詰めなんてしないのだという。
「さすがYさん。パンクだな〜」と感心した。

Yさんの真似をしようと思っているうち、渋谷にそういった露店は立たなくなってしまった。

結局、『ひばりヶ丘西友』の男性用ジーンズ売り場で、
日曜日にどこか所在なさげに安い服を眺めている中年男性に混じって、
EDWINの細身ストレート・濃いめの色の27インチを購入(20%OFFなり)。

思わず「小市民」という言葉がアタマに浮かぶ青蓮亭なのだった。

この先も、小柄な人がかっこよくジーンズを履きこなしていたら、
「そのジーンズ、どこのですか?」と聞いてしまうと思う
(その節は皆さんどうぞよろしく)。

ちなみに、アイスランド人シンガーのビョークは、
アメリカの象徴であるジーンズとTシャツは絶対に着ないのだそうだ。

ただ、古物を扱っている日本人としては、日本には古くから「藍染め文化」があるから、
「ジーンズ=アメリカ文化」というのは少し違う気がする。

フランスの鋏から思いっきり脱線してしまった……。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2012-04-19 18:03 | 古いもの・古びたもの | Comments(6)
Commented by るー at 2012-04-20 21:15 x
ビョークのその話、聞いたことあります。彼女らしいですね。
(ちょうど今、ビョーク聴いてました)

私もチビっこ族なので、ジーンズは大好きなのにいまいちパッとしません。チビっこというより、体型が原因なのかなぁと溜息。
いまは、ちょっと腰落としてロールアップして着てることが多いのですけど、いいのがあったら是非教えてください。

少女のころのペネさん、とても可愛いです。ニヤニヤ。
Commented by penelope33 at 2012-04-21 16:44
会社勤めをしていた頃には、
ジーンズってちょっと縁遠くなっていたんですけどね
(コドモっぽく見えてしまうので……)。

今は、家でPCやるときは正座しているので、膝が出ても気にならないもの、
そして肉体労働向き、
加えて履き込んだとき素材がいい感じになるものということで、
真夏以外はジーンズを履くことが多くなりました。

今回買ったのを調べてみると、
『EDWIN インターナショナルベーシック402・タイトストレート
デニムジーンズ (ワンウォッシュ) 』というのでした。

これから一度洗って履いてみようと思っていますが、
インディゴの色は結構気に入っています。
でも、股上が深いから腰落として履くのには向かないかな……。

子どもの頃、ずっとショートカットだったのですけど、
小学4〜5年生のとき、一念発起(?)してオカッパにしたんですよ。
無理矢理三つ編みしたのがほどけて、なんか野生児って感じですね(笑)。
Commented by るー at 2012-04-21 22:10 x
ありがとうございます!EDWIN、チェックしてみます!
腰落としてって、ちょっとオサレ人間ぽく書いてしまいましたが、お尻に合わせて履いてると、ただズリさがってるだけというカッチョ悪い状態なんです。
いい色でいい素材のジーンズは、ほんといいですよね。永遠に模索していくんだろうなって思います。

お写真<生まれてこのかた、三つ編み未体験の身をしては、ほどけ具合もかわいいデス。
Commented by raindrop at 2012-04-22 00:05 x
このあいだのドーの骨董市の時のペネさんのデニム姿、シンプルなセーターとの組み合わせがとても似合っていてかっこいいなと思っていました。
濃いインディゴは清楚さときりりとした雰囲気があって、それが小柄+可愛らしい顔立ちのペネさんにすごくいいバランスで似合ってるなぁって。
シルエットがメンズっぽくて甘くないところもポイントですよね。

ちなみに私は初めてデニムをはいた小学4年生の時から、40を過ぎるまでプライベートではデニム以外のものをほとんど履いていた記憶がありません。(高校時代ですら男の子にまちがえられるような体型だったので・・)

・・・ですが最近は体型の変化でなんだか似合わなくなってきたような気がして、今更何を着たものやら、と悩ましいお年頃です^^;
Commented by penelope33 at 2012-04-23 18:13
> るーさん

デニムっていろんな種類のものが出回っていますけど、
「“原点回帰” もいいかも」と思う今日このごろです。
今の気分に合った1本が見つかるといいですね♪

るーさん、髪はずっとショートなんですね〜。
私ももうこれからは伸ばすことはないかと(笑)。
中途ハンパに伸びてきたので、早くまたバッサリ切りたい!
Commented by penelope33 at 2012-04-23 18:27
> raindropさん

『ドー』の催事のときは“小僧” のようでしたが……(笑)。 ^^;

40歳を過ぎると、似合う服の色やバランスが変わるといいますよね。

諸先輩方は、シルエットや裾の折り具合、
他に合わせる服や靴など、いろいろ探求した上
「今の自分はコレ!」と決めているようですね。

きっと、今のraindropさんに似合うデニムの着こなし方があるはず。
……というか、バランスのよい体型だから、
永遠にジェーン・バーキンみたいにイケると思いますけどぉ?


<< 『クリント・イーストウッド祭り...      鮮やかなブルーの蓋付き琺瑯箱 >>