青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 06月 19日

義父の一周忌

昨日は昨年亡くなった義父の一周忌。
今日は町田の家で、義母・義兄・ZOOと私とで食事をした。

川越の実家とは対照的な西洋風の庭が、雨に濡れて一層鮮やかに見えた。

f0151592_2047382.jpg




f0151592_20481050.jpg


f0151592_20483731.jpg

特に葡萄棚がきれいだった。

義父のベッドが生前のまま置かれている部屋から庭を見ていると、
なんだかまだその部屋に義父がいるような気がした。

お仏壇に、「みんな健やかで心安らかに暮らしていけるように見守ってください」と、
神頼みならぬ “仏頼み” をした。

大雨の中自宅に戻ると、ヤマコが私の顔を見ながらこれみよがしに柱をガリガリ引っ掻いた。
ふたりが半日留守にしただけでこれだから、もう……。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2012-06-19 21:05 | つれづれ | Comments(4)
Commented by sa55z at 2012-06-20 05:59
以前芝生のある家に住んでましたが、もう使用人がいないと芝の管理は大変です。
庭はプロに任せ無いと、大変。
私はコレを緑禍と呼んでいます。
Commented by penelope33 at 2012-06-20 13:55
この庭、ときどき植木屋には来てもらっていますが、
70過ぎの義母がほとんどひとりで世話をしているそうです。
さすがに「あと数年で引退したい」と申しておりますが……。
Commented by ハナマイヤー at 2012-06-22 09:06 x
なんという美しい庭でしょう!?驚愕です。
しかも70過ぎの方がお一人で管理されているとは脱帽です。
我が家の庭もせっせと雑草を刈っていましたが、
ここのところで一気に伸びて草ボーボーです。困った…。
まさにsa55zさんのおっしゃる『緑禍』です
(ただ、草ボーボーだと若干涼しい気がします)。
Commented by penelope33 at 2012-06-22 15:09
身内ながらすごいですよね……。
義兄もときどき芝を刈ったりするとは思うのですが、
消防署員で年齢的にもいろいろと忙しいものですから。

ウチもそろそろまた草むしりをしないと。

> 草ボーボーだと若干涼しい

土むきだしより絶対涼しいですよね。
草原を渡って風も吹いたりして(笑)。


<< “ほし よりこ” 的な招き猫      ちょっと新しめのワイヤー製水切りカゴ >>