青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 16日

素性のわからない白磁急須

上手・下手、ふたつの要素を併せ持つところがおもしろい、
ちょっと不思議な作行きの白磁急須。

パッと見たところ、「瀬戸産?」「時代の下る平佐?」とも思ったけれど、
高台内を放射状に削った形状を見ると、中国生まれの可能性も。

九州から出た品と聞いている。

画像を多めにUPいたしますので、皆様の御意見もおうかがいできればと思います。

(幅:約12.1cm・胴径:約9.3cm・内容量:300cc強/御売約)

f0151592_21165545.jpg




漂白はせず、ウブなまま撮影。

f0151592_21165013.jpg

茶渋を抜きにしても、胎土はやや黄色味を帯びた白。
上釉はかすかに青い。

f0151592_2119217.jpg

注ぎ口はそこそこ太い。

f0151592_212084.jpg

蓋のツマミは、ツルリとした宝珠というよりは、曖昧模糊とした松ぼっくりのような……。

f0151592_21203191.jpg

蓋の裏側の轆轤は半時計回り。

f0151592_21203282.jpg

よ〜く見ると縁にノミホツがありますが、目立つホツレはなし。

f0151592_21211549.jpg

取っ手の材質は真鍮でしょうか。大変丁寧な造り。

f0151592_21211827.jpg

このあたりは割合ラフな感じ。

f0151592_2122679.jpg

轆轤目の残る胴。

f0151592_21222337.jpg

放射状に鎬(しのぎ)のある底が特徴的。

文字は「宮田 仁」と読めますが、「宮」が略字(簡体字)のように見える。
「宮 田仁」……?

f0151592_21225057.jpg

内側。轆轤の向きはやはり半時計廻り。
茶色い部分は釉剥げでしょう。

f0151592_22182922.jpg

茶漉し部分。

f0151592_2123106.jpg

轆轤目の目立つ作り。

f0151592_21233177.jpg

表には通っていませんが、ニュウが少し。

f0151592_21234683.jpg

江戸中期頃の古伊万里白磁蕎麦猪口と。

f0151592_21242189.jpg

古い中国(清朝頃)の煎茶碗と。

形やサイズは日本の急須ですが、清末〜民国期の中国産のような気がしています。
あるいは、波佐見あたりのものなのか……?
(開窯時の技術指導は朝鮮陶工によるものだったが……)


清末といえば、関東軍が中国東北部を占領していた時代。

昨日NHKの終戦記念日特番を観て、
旧陸軍・海軍のトップが、ソ連参戦を早い時期にキャッチしていながら、
その情報を内閣や外務省と共有せず、
ズルズルと「終戦」の時期を逸したという “新事実” を知った。

「本土決戦」など無理であると内心知りながら、
「本音と建前」を使い分け、事を荒立てるのを回避する国民性や、
昔も今も変わらぬ、この国のトップに立つ人間のモラルの低さなど、
いろいろ考えさせられて暗澹とした気持ちになってしまった……。


*********************************************

この後は、捏ね鉢、金魚鉢、吹きガラスボウル、琺瑯皿、印判小菊柄飯碗、
鉄釉猪口、若松文向付の順番でUP予定です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2012-08-16 22:00 | 古いもの・古びたもの | Comments(12)
Commented at 2012-08-17 11:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2012-08-17 11:17
> 鍵コメント at 2012-08-17 11:07 様

御連絡をいただき、ありがとうございます。
承知いたしました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by るー at 2012-08-18 17:44 x
ご無沙汰ばかりですみません!まだまだ残暑厳しくこちら毎日茹だってますが、ペネさんお元気ですか。
これかわいい!フロム九州だとすると、ますます愛着湧いてしまいます。
それにつけても、「曖昧模糊とした松ぼっくり」とかいう表現がペネさんらしくて!にまにましましたよ。
Commented by penelope33 at 2012-08-19 08:49
るーさん、おひさしぶりです。
こちらも相変わらず猛暑続きですよ〜。

体温調節機能がイカれているので、
昼間ちょっと出かけるとすぐヘロヘロになってしまいます。

古いやきものは、関西や九州から東京(&埼玉)に来て、
また西に戻っていくパターンが多いですね。

鉄瓶の蓋のつまみが松ぼっくりというのはよくあるんですけど、
これはただの成型時の指の跡なのか、はっきりしない感じなんですよね……。

Commented at 2012-08-30 10:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2012-08-30 13:50
> 鍵コメント at 2012-08-30 10:01 様

いろいろとお目に留めていただき、ありがとうございます。

こちらは15,000円でいかがでしょうか?
通販の場合は送料込みで結構です。
銀行振込→「ゆうパック」でのお届けになります
(到着後3日以内にお知らせいただき、
返送料を御負担いただけましたら、返品もお受けいたします)。

『二子ノミの市』『西荻骨董好きまつり』などにお越しいただける場合は、
実物をお手に取って御覧いただいた上で、
御購入されるかどうかをお決めいただいても結構です。

どうぞよろしく御検討くださいますようお願いいたします。
Commented at 2012-09-04 00:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2012-09-04 03:45
> 鍵コメント at 2012-09-04 00:46 様

御連絡をいただき、ありがとうございます。
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

もしよろしければ、参考までに御希望の御予算をお教えください。
今後の仕入れの参考にさせていただきたいと思いますので……。
Commented at 2012-09-16 03:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2012-09-16 11:16
> 鍵コメント at 2012-09-16 03:02 様

コメントをありがとうございます。

今回は仕入値の関係でちょっと難しいかと思いますが、
似たような品が入荷しましたり、原価調整ができたりしましたら、
御連絡させていただくこともあるかもしれません。

お気が向かれましたら、メールアドレスとお名前をどうぞ。

今後ともよろしくお願いいたします。
Commented at 2012-09-23 10:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2012-09-23 12:18
> 鍵コメント at 2012-09-23 10:04 様

ただいまメールをお送りしました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 小さな捏ね鉢      『第十一回 二子ノミの市』のお知らせ >>