2012年 08月 20日

モダンな渦文のガラスボウル

我ながら輪線文とか渦文とか縞とかにヨワいと思う。

ガラスの場合、この “グルグル” は「陽刻」でもないし、なんと呼べばよいのだろう?
製法は「型吹きガラス」で、後からこの細いヒモ状のガラスをくっつけたのだろうか?
(何とも心もとない解説で申し訳ありません)

お譲りくださった方から昭和初期頃のものとお聞きしたが、
そんなに古いものとは思えない程シンプルでモダンな意匠
(いや、“シンプル&モダン” な古いものなんて、たくさん見てきたんだけど……)。

どなたからもお声がかからなかったら、迷わず “私物化” していたと思う。

(口径:約16〜16.4cm・高さ:約7.3cm/御売約)

f0151592_22542726.jpg




f0151592_22545819.jpg


f0151592_22581841.jpg

少しへこんだ底にはポンテ跡がある。

f0151592_22592620.jpg

サイズ感を見ていただくために、柳宗理の16cmボウル
(直径:15.8cm・高さ:6.5cm・内容量:0.7L)と並べてみた。

f0151592_238486.jpg

参考までに、ARABIAの『ブラック・パラティッシ』のボウルと。
サラダ・シリアル・丼物等々、たっぷり食べたいときに頼もしいサイズ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2012-08-20 23:04 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< 遅い昼ごはん(しらす丼、ゴーヤ...      蓋付きの金魚鉢 >>