2012年 08月 30日

古伊万里染付若松文向付

猛暑に加えてトシのせいもあるのだろうけど、
夏風邪その他で、この3日間ダミンをむさぼってしまい、気がつくと9月が目前……。
今月中にもうひと頑張りせねば……
(皆様は、どうぞくれぐれも御自愛くださいますよう)。

さて、「若松繪 猪口拾入」と墨書きのある元箱に収められていた、この古伊万里若松文向付
すんなりとした端反りの形が蕎麦猪口よりも粋で、
お茶にお酒に酒肴に、まことに使い勝手がよろしい。

たくさんあるのでとりあえず画像を1点だけ。
詳細画像を御覧になりたい方はコメント欄よりお知らせください。

おそらく10/13の『西荻骨董好きまつり』に持って行くことになるでしょう。

(江戸中期〜後期/口径:約7.6cm・高さ:約5.1cm《個体差アリ》/在庫:難アリ2客)

f0151592_2359969.jpg




御参考までに、同じ若松文の蕎麦猪口の画像を。

f0151592_23595218.jpg

(『そば猪口絵柄事典』《小川啓司 著/光芸出版 刊》より)

f0151592_002018.jpg

(『ベストセレクション 古伊万里蕎麦猪口・酒器 1000』《責任編集 中島由美/講談社 刊》より)



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨


上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2012-08-30 00:02 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented at 2012-08-30 16:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2012-08-31 02:12
> t様

ただいまメールをお送りしました。


<< 今日の朝ごはん(スクランブルエ...      瀬戸鉄釉猪口 >>