2012年 08月 30日

今日の朝ごはん(スクランブルエッグ他)

夏風邪をひき、3日間、昼間はひたすら眠って、夜1食しか食べなかった。

3夜連続でオリジン弁当と枝豆、2夜は+ゴーヤぽん酢。
ひとりだったら何かテキトーに作って食べるけど、
腹ペコオヤジの食事+晩酌セットを作る気力がなかった……。

今朝も途中までZOOにつきあって空が明るくなるまで起きていたものの、
4時間位寝て目が覚めたので、とりあえず何か食べなくちゃと思い、洗濯をしながら、
トマト・シメジ・オクラのソテーとスクランブルエッグの朝ごはんを作った
(すごいボリューム……)。

今夜は珍しく外食の予定が入っているから、冷蔵庫の中のハンパな食材を使い切りたかったのだ。

f0151592_14411313.jpg




f0151592_14414686.jpg

台所にいる私を見やるヤマコ。

私と入れ替わりにZOOが寝て、
ヒトに合わせて生活時間帯がメチャクチャになったヤマコも、
今は窓辺でスヤスヤ眠っている。

f0151592_14474712.jpg

このフライパンは、熟考を重ねて2月に買った『デバイヤー(de Buyer)』
・26cm・供柄(キャストハンドル)。
そういえばこの後に検査入院でバタバタしたんだったな(もう遥か昔のようだ……)。

確かに重いのだけど、鉄が育っていく感じが愉しくて、買ってよかったと思っている。
正直なところ、かわいくてしょうがない(鉄フェチ……?)。
ハンドルは私には長過ぎるが、思った程熱くならなくていい。
「振って使う」ことは最初から考えていない。

『turk』もかっこいいと思うが、あれは “工芸品” という感じで、
価格も私には分不相応な気がする。
台所用品(特に鍋釜)に関しては、 “工業製品的” なもののほうが好きだ。

それまで使っていた双葉工業の鉄エンボスフライパンは、
ZOOが軽くて振れるフライパンも取っておいてほしいというので、
一応残してあるけれど、もう全然使っていない。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2012-08-30 16:50 | つれづれ | Comments(16)
Commented by ひーこ at 2012-08-30 19:08 x
相変わらず、美味しそうなお食事・・・。
渋谷さんは、お料理本を出したら良いのでは?とつくづく思います。
あ、ゴーヤポン酢、美味でした~。ほんとぺろりと食べられちゃいますね。

鉄のフライパン良い色になってますねぇ。今後どんなふうに「育つ」のでしょう?楽しみですね。
私も昔ながらの洋食屋さんがオムレツを作るような普通のフライパンが欲しいなぁと思っています。
Commented by penelope33 at 2012-08-31 02:33
ひーこさん、「お食事」っていうほどのものでも……。 ^^;
お料理本どころか、お料理自体、得意じゃないですから……。

私も、洋食屋さんがよく使う
「中尾アルミのキング鉄フライパン」とか南部鉄器のフライパンとか、
いろいろ比較して検討しましたよ。

前使っていた鉄フライパンが、
余熱調理をすると出来上がりがもう冷めてしまうのが不満だったので
(熱しやすく冷めやすかったんですね)、
普通に持てる範囲でできるだけ鉄板の厚いものを選びました。
Commented by とりとゆい at 2012-08-31 11:25 x
初めまして。
先日ネットでたまたま見つけて、釘付けになってしまいました。
私が理想とする生活をまさにされてらっしゃる。
羨ましい!
以前、今お住まいのお宅は、借家ですか?
私も一軒家に住みたいと思い、色々探しているのですが、
pemelope33さんのように自由に住めるお宅はなかなかないもので・・・
良ければ教えて下さい!
Commented by penelope33 at 2012-08-31 15:12
> とりとゆい様

ブログを御覧いただき、またコメントをいただきまして、
ありがとうございます♪

以前住んでいた杉並の家は借家でした。

押し入れの戸をはずしてクラフト紙にくるんで本棚の後ろに隠し、
押し入れの中は画鋲で麻布を貼っただけで、
あとは特に何もしませんでしたよ。

今住んでおります新座市の家(四棟建てテラスハウス)は購入しました。

とても古いですし、一軒家に比べると割安なので、
「それって家の値段……?」とよく驚かれます……。 ^^;
Commented by リルコ at 2012-08-31 18:15 x
こんにちは。
わが家も超厚手のトモの柄の鉄フライパン(28㎝。辻クッキングスクール製だったような…。)を二十年使っておりまして、  たいへん小汚く育っております(笑)。
美しい鉄味を拝見して思い立ち、 ヤキを入れて油カスを焼いて手入れをしました。
プロは日常的にやるそうですが、 私は目に余るときだけ。
(こんな暑い日に思い立たなくても…、です。)

フライパン、 やかんと同じくらい大事なアイテムですよね。
たいていの料理はこれで出来ちゃうんですから。
私は枝豆もパスタもゆでちゃいます。
Commented by ひーこ at 2012-08-31 19:10 x
「厚手」がキーポイントなんですね!
教えてくださってありがとうございます。
Commented by sa55z at 2012-08-31 21:52
フライパン探してます。
参考にしますね。
テフロンのフライパンは結構早く駄目になります。
再加工が出来るらしいのですが、買うよりも高い。
テフロンが駄目になるって、蒸発するわけでもないだろうから
結局微量にはげ落ちるテフロン部分を人間が食べてるのでしょうかね。
Commented by penelope33 at 2012-09-01 04:20
> リルコさん

おお、20年ですか!素晴らしい!
お手入れ、お疲れ様でした〜(笑)。

そうですね、お子さんがいらっしゃるお宅でしたら28cmでしょうね。

フライパン、片手鍋と考えると、お湯が沸くのも早いし、
なんでもできちゃいますよね。

そして、今回、“トモの柄” にしてみて、
「カタチがキレイだな〜。やっぱりよかった」としみじみ思っています。
この辺りは好みのモンダイでしょうけどね。
Commented by penelope33 at 2012-09-01 04:22
> ひーこさん

下記に挙げるサイトも参考になさってみてくださいね
(かえって迷っちゃうかな……?)。
Commented by penelope33 at 2012-09-01 04:33
> sa55zさん

このサイトも御覧になってみてください。
http://www.furaipan.com/shouhin/koumoku/shouhin7.shtml

テフロン加工、お料理について食べちゃってるのか、
洗うときに刮げ落としてしまうのか、よくわかりませんが……。

ちょっとお値段が張りますが、
最近「コーティング加工系で一番」と聞くのが、
ドイツの『ルール』のフライパンです。

パイレックスのガラス蓋だけで4,000円位するんですけど、
特に深いタイプは万能鍋になりそうですね。
Commented by ひーこ at 2012-09-05 12:13 x
色々ありがとうございます。
詳しく色々乗っていて楽しそうなサイトですね。
参考にさせていただきます。
Commented by raindrop at 2012-09-05 16:01 x
先日友人の家で卵焼きを焼いたところ、フライパンのおかげでまるで自分の料理の腕が上がったかのような仕上がりに感動し、よし、私も新しいフライパンを買おう!!と決意していたところです(笑)
友人のフライパンも厚手の鉄製、供柄(というのを初めて知りました)でした。
別に近所の金物屋というか荒物屋で買った三千円しないものだったそうですが、そのお店の仕入れが良いのか、
以前にも同じ友人宅でその荒物屋で買ったという中華なべの使い勝手のよさにやっぱり感動し、その時も同じものを頼んで買ってもらってとても重宝しています。
こちらは「あおり」必須なので柄は木製のものでした。

なんでもきちんとした道具は作業の質を上げるんだなぁ、とこの年になってやっと気づくようになりました笑
Commented by penelope33 at 2012-09-05 21:20
> ひーこさん

楽しく道具選びをしてくださいね〜♪
Commented by penelope33 at 2012-09-05 21:46
> raindropさん

今回お仕事を御一緒させていただいた料理家の方は、
コーンスープ入りのスクランブルエッグを
シリコンスパチュラを高速で動かして(笑)、
鉄以外のフライパンで作っていらっしゃいました。

他にも、木のまな板の上に薄い樹脂系(ガラス?)の
カッティングボードを重ねて、焼きたてのチキンを切り分けたりとか、
いろいろ興味深くお仕事ぶりを拝見しておりました。

昔ながらのシンプルな道具(木のまな板、鉄フライパン、擂鉢とか)と、
使って便利な新しい道具(フードプロセッサー、コーティングしたフライパンとか)と、
プロの方も人それぞれで使われるものが違うので、
結局、いろいろな道具の特性を知って、
自分に合ったものを選ぶことが大事なんでしょうね。

私はお料理に対する情熱が割合薄いので、
使ってて気分が揚がるというのも選ぶときのポイントです(笑)。
Commented by raindrop at 2012-09-05 22:42 x
私もチキンソテーなどは木のまな板に樹脂製のボードを重ねて切り分けています。私の場合、洗い物の楽さを考えてその方法になりました。
私も料理がもともと好きなほうではないので、毎日いかに合理的においしいものを作るかというのは本当に課題です。。
Commented by penelope33 at 2012-09-06 01:43
おお、raindropさんもそうでしたか。

私も真似をして薄いボードを買おうかなとも思いましたが、
ヒバのまな板と白い樹脂製の小さめのまな板の定位置が決まっているので、
「ま、これはこれでいいか」と……。

そんなにつきつめているわけでは全然ないのですが、
「料理って、感覚だけじゃなく合理性や科学なんだよなぁ〜」と、
目玉焼きを鉄のフライパンで焼いたり、
枝豆を茹でたりするだけでも(←こればっかり…… ^^;)、
日々感じています。


<< 書籍『野菜のポタージュ』、9/...      古伊万里染付若松文向付 >>