青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 06日

平佐焼白磁中鉢

平佐焼の白磁の中鉢2点。

伊万里の膾皿を深くしたようなすんなりとした素直な形で、
「なんて使いやすそうな!」というのが第一印象。

フリモノなどはあるが、よく焼き上がっていて、独特の薄い青緑の上釉がきれい。
形の大らかさも相まって、伊万里より朝鮮のやきもののような雰囲気がある(隔世遺伝?)。

(江戸後期/左側【A】直径:約15.5〜16cm・高さ:約6.2cm/
右側【B】直径:約15.2〜15.7cm・高さ:約6.1cm/ともに御売約)

f0151592_2145858.jpg




*********************************************

【A】
f0151592_2151229.jpg

麺類には小さいけれど、ご飯ものの丼にはよさそう。
骨董の器としては、ありそうで意外にない形・サイズではないだろうか?

f0151592_2162232.jpg

手を添えるとこんな感じ。

f0151592_2173440.jpg

結構歪んでいる。
見込みには、ヒッツキ、フリモノ、鉄点などが少々。

f0151592_21133717.jpg


*********************************************


【B】
f0151592_21142757.jpg

【A】よりほんの少し小振り。

f0151592_21144598.jpg


f0151592_2115214.jpg


f0151592_21162323.jpg

【A】の中に【B】がきれいに収まる。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2012-10-06 21:32 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 瀬戸鉄釉花生け      フェイスパウダー用のアルミボトル >>