2012年 10月 10日

石神井の『copse』さんで

昨日は石神井の生活雑貨の店『copse』さんで、
11月8日から開催予定の、陶芸作家 中坊優香さんの展覧会DM用の写真撮影に立ち会った。

カメラマンは、2005年の『ルーシー・リー』展(@赤坂・ニューオータニ美術館)カタログ、
漆作家 赤木明登さんの作品の撮影などを手がけ、雑誌『住む。』などでも御活躍の
(と、お会いした後で知った……)雨宮秀也さん

この日は、『日々花』のお名前で、
花のことをメインに食や器に関わる活動をされている奥様の雨宮ゆかさんも御一緒だった。
松澤紀美子さんが表紙の『住む。』最新号(43号)に、
ゆかさんの『日々の昼ごはん絵日記』が掲載されている)。

『copse』店主の小森知佳さんは、インテリア関係のフリーランスライターで、
御自身の経験を元に『辛酸リノベーション』という本を『ラトルズ』から上梓されている。
『ラトルズ』の社長の方が『copse』の近所にお住まいで、ときどきいらっしゃるそうだ。

私がこのブログでレヴューを書いた『1×1=2 二人の仕事』、『裸形のデザイン』、
糸の宝石』も、出版は『ラトルズ』。

私自身は “周辺の人間” にすぎないが、
人の縁というのは、なんとはなしにつながっているものだなぁと思う。

火曜定例の『スノウドロップ』さんのランチを御馳走になった後、
おもむろに撮影が始まった。

f0151592_2173115.jpg




小森さんと知り合ったのは、
今年4月の『西荻骨董好きまつり』で
「ロータス・ブルーさんの古道具を店で扱いたい」と声をかけていただいたのがきっかけ。

私は、とてもありがたいお話とは思ったけれど、
「古道具なんて一期一会だし、薄利だし、自分が惚れ込んだものは基本的には自分で売りたいし。
それに、人のためによかれと思って仕入れても、
『これ、ちょっと違うんですよね』なんていうことが往々にしてあるし。
(小森さんは古物商の免許もお持ちなので)御自分で仕入れをされたほうが楽しいですよ〜」
と、及び腰だった。

7月に「今秋開催予定の中坊さんの個展に、渋谷さんの古道具を一緒に」というメールをいただき、
昨年の個展の様子を拝見したときにも、
「この中坊さんのヨーロピアンな雰囲気に合うような品物を、あまり扱っていないし、
最近の自分の商品は器が多いから、
(器作家の個展なので)それを禁じ手にしたら一体何ができるんだろう……?」と。

ただ、『copse』さんの最寄駅がふたつ隣りの駅(大泉学園)と近いし、
展示する器の下に敷く布を古いものにするだけでもだいぶ雰囲気が変わるのではと思い、
せっかくの御縁なのでお手伝いさせていただくことにした。

だから、コラボレーションとかスタイリングとかエラそうなものではなく、
古道具はほんの “賑やかし” 程度に置くつもり。

とはいえ、引き受けた以上は、中坊さんの作品が引き立つよう、できるだけのことはやる
(と同時に、余計なものは持ち込まない)。

f0151592_21295862.jpg

この日は、実際の展示の際に使えそうな古道具を見繕って持っていっただけで、
DM用の撮影に使うのは敷布ぐらいのつもりでいた。
だから雨宮さんが古道具を並べ始めたときには、
「ん〜?器だけのほうがいいんじゃないですか〜?」と、少々当惑。

f0151592_21294183.jpg

雨宮さんのブログに
「人に感銘をあたえる、重みのある写真を撮る最短の処方。重量級の三脚を使う。
(中略)必要不必要関係なく重い三脚を使ってみなさい。ある種、写真が変わるから」
……という文章があった。

ブツ取りのときも手持ちの私には耳が痛い。
(この頃にはもうかなり暗かったので、ブレブレで失礼……)。

f0151592_21114417.jpg

古道具と一緒のカット、個人的には、最後のこのセッティングだったらアリかなぁ……と
(小森さんは “モランディチック” と言っていたけれど、
いやいや、「いかにもモランディ」というのとは違ったものに仕上がるでしょう)。

家に帰ってZOOに、
「地明かり(=その場にある光)だけでパパッと撮っちゃうんだよ〜」と話すと、
「プロは『光を読む』からね」と言っていた。

最後のカット、雨宮さんと私とでは、腕もカメラも画角も全然違うけれど、
モノのシルエットが際立ち、バックの明暗も劇的になっているのがおわかりでしょうか……?

皆さん、お疲れ様でした。
写真とDMの上がりが楽しみです(古道具アリでもナシでも)。


*********************************************


展覧会の様子はこちらのページに。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2012-10-10 21:43 | つれづれ | Comments(0)


<< 13日(土)の『西荻骨董好きま...      ヤマコとサミー(10/8) >>