2013年 05月 26日

今日の庭(5/26)

今日はブツ撮りができなかったので、“猫の額ほどの庭” と猫の記録。

家の前のゼネコンの社宅が取り壊され更地になったので、
今年は日射しも風もことのほか強い。

自転車にかぶせていたカバーは、春の突風でどこかに吹き飛ばされてしまった。

あの銀色のビニールカバー、ないほうがスッキリして見える。
でも、いくら高級自転車じゃないとはいえ、このままここで雨ざらしにするのはかわいそうかなぁ……。

真夏に2階の部屋がどれだけ暑くなるか気にところだが、
新しいマンションが建つまでにオリーブの木ができるだけ大きくなってくれればいいと思う。

ところどころ残してあるクローバーのような葉っぱ(ムラサキカタバミ?)は、
朝から昼にかけて薄紫色の小さな花を一斉に咲かせ、夕方には閉じる。
なんだかとてもけなげな存在。

……と思ったら大間違い。
ものすごく繁殖力が強く、ほおっておくと、
抜いても抜いてもなかなか根絶しないでタイヘンなことになるらしい……。

f0151592_2203359.jpg




一番左の大きな植木鉢は、最近買ったアジサイ(アナベル)。
“長屋” の脇の共有地に植えようかとも思ったけど、
とりあえず今シーズンは鉢植えのまま花を楽しむことにした。

その右は、数日前にようやく植えた大葉とバジルの苗。
大葉は去年のこぼれ種から育った小さな小さな芽もここに植え替えた。

f0151592_222716.jpg


小さな植木鉢には、去年買ったキキョウ(アストラ・ブルー)。

奥のほうに地植えした白いキキョウ(アストラ・ホワイト)がまず芽吹き、
やや遅れて放置していた鉢の中にも芽が出てきたので、
「ホントに多年草なんだなぁ……」と嬉しいオドロキ(園芸初心者なもんですから……)。

f0151592_2253594.jpg

今年もゴーヤの苗を2本。

ZOOが違う花屋さんで苗を買ってきて植えたら別の種類だったようで、
「今年は2種類のゴーヤが食べられる」と喜んでいるけど、混血種になったりしない……?

去年張りめぐらしたワイヤーは今年も使う。

実は去年のゴーヤの枯れた枝を、まだ全部払いきれてない。
ZOOは「(ネット代わりに)そのままにしておいて。ツルを這わすのがタイヘンだから」
と言うのだが、なんかキタナラシイんだよねぇ……。

f0151592_2254499.jpg

玄関の前(去年の4月末はこんな感じだった)。

左の鉢植えはブルーベリーとアジサイ(アナベル)、
その奥は買ったままのポット苗で放置中の山椒、
ワイルドに育っているハーブはローズマリーとオレガノで、
その左にペパーミントとパセリの苗を植えた。

2種類のアイビーがずいぶん育ってきた。

フェンスの向こうの椿(一休《一重の白》)も、
去年テキトーに剪定してみたらだいぶ育ってくれた。

f0151592_221669.jpg

この目つきの悪い猫の足元に見えるのが山椒。
後ろに見えるのが、私の背より高くなったユーカリ(グニー)。

f0151592_2274676.jpg

今日、一番ビックリしたのがコレ。

山椒の葉についていたアゲハの幼虫(鳥のフンみたいに擬態していた奴)が
風で飛ばされたのかと思ったら、このユーカリの枝そっくりの虫はシャクトリムシだと
「緑の指持ちたる虫愛づる姫」から御指摘をいただいた。
(エダシャク亜科のシャクトリムシの中に、木の枝に擬態するのがいるのだそうだ)。

さっきZOOが「最近、虫を見てないなぁ」なんて言っていたけど、
水やりしたり草むしりしたりすれば、いやでもいろいろ見るよ!

かくいう私もとても “緑の指” の持ち主とは言えず、
3本あったユーカリのうち植え替えした1本を枯らしてしまった。
(でも、2本くらいでちょうどよかったかも……)。

花の終わったユキヤナギを右隣りに植えてある。
これも植え替えた後に枯らしそうになったけど、ずっと水をやり続けてなんとか復活させた。
来春の花が楽しみ。

f0151592_22213775.jpg

もうそろそろウチに帰って「夕寝」がしたい頃……。


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2013-05-26 22:50 | つれづれ | Comments(0)


<< 『オリンパスペンEES』の灰皿      瀬戸 白磁千段 鉄釉輪線文向付 >>