青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 30日

南仏の小振りな黄釉水差し

この水差し(フランス語だと「ピシェ」)は、
この春の『西荻骨董好きまつり』のDMに画像を提供した品。

元は使用感のない状態だったのだけど、
水を入れたらじんわりとにじみ出て、染みが残ってしまった。

しかし、小振りなサイズと素直な器形、鳶口風の控えめな注ぎ口、数本入った輪刻線、
そしてもちろん黄釉の釉調や鉄釉のアクセントも、全てが私のツボ。
健やかな感じがとても好ましい。

花を生けるのなら落としを使えばいい。
下に小振りな皿やトレイでも敷けば、十分お酒も入れられる
(赤ワインはやめておいたほうがいいかな………)。

(19世紀/高さ:約13cm・幅:約13cm/御売約)

f0151592_23115594.jpg




f0151592_23223889.jpg

ちっちゃい画像だけど、水を入れる前のありし日のお姿がコレ。

f0151592_23123760.jpg

取っ手のフォルムも大らかでよい。
ラインも効いている。

f0151592_2312592.jpg

ひと晩でできたシミ。

f0151592_2336852.jpg


f0151592_23142758.jpg


f0151592_2318692.jpg

中は清潔感のある状態。

f0151592_2319407.jpg

底には「4」の刻印。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2013-05-30 23:38 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented by haru-115 at 2013-05-31 10:19
お久しぶりです、こんにちは
いつも楽しみに拝見しております
梅雨入りしましたが
お体の具合はいかがですか

私も、この水差し、かなりツボです
形、色、大きさ・・全ていいですね
何度も観ています^^
Commented by penelope33 at 2013-05-31 12:51
haruさん、おひさしぶりです。

御心配いただき、ありがとうございます。
自律神経がイカれているのかマイナートラブルはいろいろありますが、
なんとかやっておりますよ〜。

haruさんもツボですか!
なんだかかわいい奴なんですよね〜(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「ルーサイト ギャラリーの骨董...      流線型のアルミ・オーヴァル鍋 >>