青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 08月 14日

速報!『野菜のスープ 野菜を素直にあじわう84レシピ』、8/31発売です!!

春からこのブログで “スープの本 #2” と触れておりました、
野菜のポタージュ』の姉妹篇ともいうべき、
石澤清美さんのスープの本・第2弾」の発売日がついに決まりました。

タイトルは『野菜のスープ 野菜を素直にあじわう84レシピ』、8月31日発売です。

私もマイナビさんの編集担当Nさんから今日情報を聞いたばかり。

実はまだ校正が終わっていないとのことですが、Amazonでの予約はできるそうです
(Amazon掲載ページはこちら。楽天ブックス掲載ページはこちら。マイナビE-SHOP掲載ページはこちら)。

今回も、全ての料理ページの器のコーディネートを担当させていただきました。

表紙のスープは、冬の「皮つきかぶ」のスープ
(器は福永芳治さんの「飛鉋(とびかんな)深鉢」)。

f0151592_21181776.jpg




   帯付き画像です。↘
f0151592_12442498.jpg


取り急ぎ、マイナビさんの書誌情報を転載させていただきます。


********************************************


『野菜のスープ 〜野菜を素直にあじわう84レシピ〜』

 ・著者:石澤清美
 ・定価:1,365円(税込)
 ・A5判 112ページ
 ・ISBN978-4-8399-4738-5
 ・発売日:2013年8月31日

《内容紹介》

 スープに限ったことではありませんが、野菜のおいしさは一つではありません。
 5分煮るのと20分煮るのでは、食感も香りもまったく異なります。
 切り方が変わるだけでも、そう。
 ささやかな違いで、さまざまな表情を見せてくれる野菜の
 たくさんの豊かなおいしさを味わうために
 必要なのは、結局、シンプルな仕立てのスープでした。

 野菜の力をそのまま取りこむシンプルなレシピが大反響を呼んだ
 『野菜のポタージュ』の石澤清美さんのスープの本、第2弾。

 旬の野菜の味はもちろん、香りも、食感も、すべてを楽しむためのスープ。
 もちろん、化学調味料不使用。
 かんたんにとれる、おいしい「だし」の取り方もご紹介します。

《内容》

 ◆春の野菜スープ

 新たまねぎ/春キャベツ/細切り春キャベツ/春たけのこ/山うど/
 グリンピースとカッテージチーズ/グリンピース/そら豆/豆苗/焼きアスパラガス/
 アスパラガス/根三つ葉/春にんじん/菜の花/野ふき/にら/細ねぎ


f0151592_2138264.jpg

上の画像は、春の「山うど」のスープ(4月下旬に行われた初回の撮影スナップより)。
器は中国・宋代〜元代頃の青白磁の鉢を使用しています。

f0151592_2113849.jpg

「新たまねぎ」を丸ごと使ったスープ
(器は田鶴濱 守人さんの「黒錆浅鉢」)。

 ◆夏の野菜スープ

 丸ごとトマト/焼きトマト/生トマト/塩きゅうり/薄切りきゅうり/ズッキーニ/おくら/
 とうもろこし/セロリ/新しょうが/薄切りとうがん/とうがん/夏なす/冷やしなす

 ◆秋の野菜スープ

 丸ごとじゃがいも/じゃがいも/さつまいも/丸ごとさといも/さといも/長いも/
 にんじん/ささがきごぼう/ごぼう/くずしかぼちゃ/焼きかぼちゃ/
 かき揚げたまねぎ/輪切りたまねぎ/炒めたまねぎ/まいたけ/秋なす/小大豆もやし/もやし

 ◆冬の野菜スープ

 白菜/焼き白菜/カリフラワー/皮つきかぶ/かぶ/刻みブロッコリー/ブロッコリー/
 焼きキャベツ/キャベツ/そぎ大根/大根/小松菜/れんこん/白ねぎ/刻みねぎ

 ・スープに合わせたいごはんメニュー
 ・スープストック鶏を活用したアレンジメニュー
 ・スープの味に変化を加えるトッピング
 ・自家製干しきのこのだしスープ


f0151592_2143299.jpg

春のごはんメニュー。
「おからのパンケーキ」と「たけのこの炊き込み玄米ピラフ」
(器はそれぞれ、寺村光輔さんの「林檎灰釉7.5寸皿」、「布志名焼浅鉢」)。

f0151592_21285748.jpg

スープストックを取った後の鶏肉 “スープストック鶏” を使った、春のメニュー三種
(器は、日本・オランダ・スウェーデンの混成チーム。詳細は本誌にてどうぞ)。

【著者略歴】石澤 清美 Kiyomi Ishizawa

 料理研究家。雑誌、書籍、テレビなどで活躍するほか、食品会社の商品開発なども手がけている。
 毎日のおかずから、保存食、お菓子やパンまでレパートリーは幅広く、
 豊富なアイディアから生まれた作りやすいレシピが魅力。
 近著に、野菜の力をそのまま取りこむレシピ『野菜のポタージュ』(マイナビ)、
 糖質制限を続ける家族のために研究を重ねた
 『糖質オフだからふとらない お菓子レシピ』(主婦の友社)、
 さまざまな栄養効果を持つおからを使った『おからレシピ』(主婦の友社)などがある。


f0151592_2154464.jpg

「春たけのこ」のスープの仕上げの盛りつけ中の石澤清美さん。

カメラマンは前回と同じ神林 環さん(《c》神林 環)。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2013-08-14 21:59 | 書籍『野菜のスープ』 | Comments(4)
Commented by nskoguma at 2013-08-14 22:35
待っていました!!

今日、拝見させて頂いただけで、もう魅力的ですね。
《内容》を読んだだけでも美味しそうです。
きっと器もステキなのだろうなぁと想像して、ワクワクしています。

今も我が家の冷凍庫には、5種類程のスープのベースがスタンバイ
していてくれて、この暑い夏、とっても重宝しています。

楽しみに楽しみに、31日を待っています。

残暑厳しいです。お元気で!
Commented by penelope33 at 2013-08-14 22:49
> こぐまさん

いつも、本当にいろいろと、ありがとうございます。

すごいですね、5種類のスープベースなんて……。

今度のスープもお料理も、とってもおいしいです。
スタッフ全員、前回以上の本になるよう頑張りました。
お楽しみに〜。

こぐまさんも、どうぞ御自愛くださいませ。
Commented by sioge at 2013-11-17 11:56
こんにちは。今回の「野菜のスープ」も楽しく拝見させていただいてます。さてさて、P54の左上印判色絵の8寸皿が気になります。。在庫、販売はございますでしょうか?ご回答よろしくお願いします。
Commented by penelope33 at 2013-11-17 22:00
siogeさん、こんにちは。
『野菜のスープ』、お買い上げいただきありがとうございます。

この印判色絵の8寸皿、Coupeさんからお譲りいただいたのですが、
Coupeさんのほうでは在庫が全て売れてしまったそうです
(こちらのページに画像が残っています→ http://shopinfo.coupe-az.com/itemview/item_grass.html )。

色絵印判の器は、どぎつすぎたり、和の印象が強すぎたりして、
なかなか「これ!」というものに出会えないので、
私が持っている分はしばらくキープする予定です。
手放す際の御予約も既に入っておりまして、まことに申し訳ありません……。


<< 蝙蝠の庭いじり      ヒトも猫も >>