青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 10月 17日

「福永芳治 展」@ PARTY(駒場)のお知らせ

書籍『野菜のスープ 野菜を素直にあじわう84レシピ』の表紙の「飛鉋(とびかんな)深鉢」や、
“最多出場” の器「刷毛目平鉢」の作者、福永芳治さんの個展のお知らせです。

f0151592_1939958.jpg
f0151592_1940628.jpg

『福永芳治 展』

 【日時】2013年10月18日(土)〜25日(木)11:00〜19:00(会期中無休/最終日17:00まで)

 【会場】PARTY (HPブログ

     東京都目黒区駒場2-9-2 TEL:03-3467-6830

 【作家在廊日】18日(金)、19日(土)、20日(日)



今年で20年目という器店『PARTY』の店主・坂根さよみさんが福永さんを御紹介した記事はこちら
福永さんの定番の作品はこちら
今回の個展で展示される作品はこちらから御覧いただけます。



料理家やスタイリストなど、プロの器の使い手から絶大な信頼を寄せられている福永さんの器。

本の撮影前、私自身は鉄彩の小皿しか持っていなかったのですが、
粉引でも鉄彩、わら灰釉でもない作品の一部を、今春の『桃居』さんでの個展のDMで見かけ、
「何だろう、これは……?」と出かけてみました。

        (これがそのときのDM↘)
f0151592_19402249.jpg

古いもので内側に表情のある器がなかなか見つけられずにいたので、
インパクトのある “黒い飛鉋の鉢” と、
粉引同様に汎用性が高く、より表情豊かな “白い刷毛目の鉢” を思い切って購入。

この2つの器、予想通り撮影で大活躍してくれました。

今回の個展では、粉引、鉄彩、わら灰釉を中心に、
DM(=最初の画像)にある貫入の入った白釉の器も並びます。

柔らかなフォルムと、意外に硬質な独特の質感を持ち、
どんな料理も受けとめてくれるシンプルで懐の深い器たち。

御興味を持たれた方は、ぜひお運びください。


以下の画像は『野菜のスープ』より(撮影:神林 環)

f0151592_19442776.jpg

              「飛鉋深鉢」↗

f0151592_1945211.jpg

              「刷毛目平鉢」↗

f0151592_19461340.jpg

              「刷毛目平鉢」↗                    


《当ブログでの主な御紹介記事》

 ◎2013.9.5 『野菜のスープ』に登場する作家の器たち

 ◎2009.11.20 福永芳治さんの鉄彩豆皿
       


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2013-10-17 20:00 | 書籍『野菜のスープ』 | Comments(0)


<< 「第29回 西荻骨董好きまつり...      『第29回 西荻骨董好きまつり... >>