2014年 01月 27日

古い軟質白磁のゴブレット

ヨーロッパの軟質白磁のゴブレット。

「L」と「W」を組み合わせた刻印から、
イギリス・ヨークシャーの Lewis Woolf & Sons(1856-1883)製と推定した
(でも、検索して探しあてた資料はもう見つけられなくなっている)。

古い白磁のゴブレットは、オランダの Petrus Regout のものが一時結構出回っていたけれど、
もっとベージュっぽい色をしていた(これはもっと硬質な白)。

イギリスのこういったゴブレットを手に入れる機会は、おそらく自分にはもうないと思う。

希望価格で売れなかったので、「資料」として何年も保管しておいた。
白磁ブームも下火になった今、値段を下げても売れるかどうかわからないが、
死蔵していてもしょうがないので、再度UPしてみる。

これで売れなかったら、自分で使おう……。

こちらのページにも詳しい画像があります。

(高さ:約10cm・口径:約7.5cm/御売約)

f0151592_2246560.jpg




f0151592_224733.jpg

内側にも外側にも貫入がびっしり入っている。

f0151592_22473038.jpg


f0151592_22475161.jpg

底はこんな感じで小さな釉剥げがたくさんある。

f0151592_2248637.jpg

内側に3cm程のニュウがある。

f0151592_22483276.jpg

口縁に4mm程のホツレ。

f0151592_22482890.jpg

f0151592_2249895.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

by penelope33 | 2014-01-27 23:06 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
Commented by take at 2014-01-28 02:37 x
19世紀末植民地オーストラリア市場への輸出にシフトしていたみたいですよ、この会社。このゴブレット、英国→豪州→日本と渡って来たのかもね。
Commented at 2014-01-28 11:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2014-01-28 15:42
> takeさん

なるほど〜。
確かに「Lewis Woolf & Sons pottery」で調べると、そのようですね。
でも、入手したのは欧州経由なんですよね。
Commented by penelope33 at 2014-01-28 15:43
> 鍵コメント at 2014-01-28 11:25 様

ありがとうございます。
追って御連絡いたしますね。


<< 今夜の晩ごはん(鶏とワカメとキ...      イギリスの四角いバスケット その3 >>