2014年 07月 24日

景徳鎮窯白磁陰刻盃

中国・景徳鎮の青味を帯びた白磁、いわゆる「影青(いんちん)」の盃。
清流のようにも見える、さりげないけれど勢いのある陰刻線に惹かれて買ってみた。

大きめの盃として、また小鉢として、夏にこそ使いたい。

フリモノやかすかなスレはあるが、高台内の小さなホツレ以外は無傷といってよいかと。
ほとんどカセもない。

(宋〜元代/口径:約10.6〜10.9cm・高さ:約4cm/御売約)

f0151592_1639463.jpg




下に敷いたのはフランスの古布(やっと出会った “主張しない花柄”)。

f0151592_16403239.jpg

やや楕円気味。

f0151592_16431726.jpg

古陶磁を撮影するとよくあることだが、小品でもスケール感がある。

f0151592_16435960.jpg

手に取るとこんなサイズ。

f0151592_16443436.jpg


f0151592_16444725.jpg


f0151592_16452297.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2014-07-24 18:02 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented by 中田 at 2014-08-03 21:52 x
はじめまして。
綺麗な花柄の布地が気になります○
値段、サイズ、詳細画像などお手隙な時に(または、気が向いたら)ブログにUP希望です。
Commented by penelope33 at 2014-08-03 22:01
> 中田 様

初めまして。コメントをいただき、ありがとうございます。

残念ながらこちらの布は撮影用の備品でして、
今のところ販売予定はございません。
ウルサくない柄物の布って、なかなか見つからないものですから……。

まことに申し訳ございません。


<< 多色使いの印判大皿      “レトロ調” 琺瑯やかん >>