青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 08月 07日

今日の庭(8/7)

立秋とはいえ、昼間はキョーレツな陽射し。
ヤマコは日が傾いてから外に出すことにしている。

草木に水をやるのはその頃。
宵っ張りの朝寝坊のせいもあるけれど、
ヤマコが外にいるときに私が外に出るとうれしそうだし、水撒きをすると気持ちよさそうだから。

剪定済みのユキヤナギの前で。

f0151592_21342685.jpg




今日のこのあたり(ここは埼玉県の南端なので、隣りの西東京市のデータを見るようにしている)の
最高気温は34度、最低気温は28度。

高温と台風の影響の強風のせいで、
大きなバケツ4杯分水を撒いても、なんだか焼け石に水という感じ。
(一昨日あたりは、昼と夜、2回に分けて水をまいた)。

f0151592_213667.jpg

こうしてみると、ヤマコ、ちっさいな……。

先日張ってもらったガルバナイト鋼板は、
グラファイト・カラーを選んだので濃いグレーのつもりだったが、
実際に施工してみたらダークブラウンだった。

まあ、家の前面にあずき色が使われているし、
近隣の家にもこんな色は多いから、結果的にはよかったと思う。

f0151592_21415153.jpg

前も書いたが、ここは、このあたりのテラスハウス数軒の共用地。

南側から、ツバキ、ユーカリ、ユキヤナギと、遠慮がちに好きな草木を植えていき、
共用地とはいえウチの外観なので草むしりも率先してやっていた。

そのうち、御近所の方々がそれぞれ好きなものを植え始め、収拾がつかなくなり、
「大変恐縮ではございますが……」と丁重にお願いして、草花を移動していただいた。
(庭を削って増築をして、樹木を植えるスペースがなくなった方が多いのだとか……)。

そんなわけで、この共用地を緑化する責任のようなものを感じ、
この春、いろいろなものを植えた。

その際役に立ったのが、『庭と暮らせば 〜BROCANTEスタイルの庭づくり〜』という本。

特にフレンチ・スタイルにするつもりはなかったけれど、
「日当りが悪い場所を明るい印象にする植物」
「渋くなりすぎず、隠す役目を果たす生け垣に適した樹木」等々、
日本の気候に合う和洋さまざまな植物を目的別に写真入りで紹介しているので、とても参考になった。

あとはネットで検索したり、実物を園芸店で見たり。
予算もかけられないし、植えたものは絶対枯らしたくなかったので、慎重に植物を選んでいった。
壁の工事用の足場が組まれた1ヶ月程の間も、かかさずに水やりをした。

個人的には「グリーンがあるだけで満足、そこに季節の花があればなお良し」というタイプ。
開花期の長い原色の花があまり好きではないので、寂しく感じる人もいるだろうけど、そこは独断で……。

f0151592_22193321.jpg

このあたりに水を撒いていると、こんな感じでそばにいる。

f0151592_2220419.jpg

ZOOが、針金を張り巡らして作ったネットを、一部を残して取り外し、
代わりに白いナイロンネットを屋根近くまで張った。
ゴーヤはつると葉に栄養を取られて実が少ないのかな……(今のところ、収穫できそうな実は5つ)。

思い切って強剪定したツバキ(手前)、元気になってよかった。

奥にちょっとだけ見える焦茶色の杉材の塀は、広島の会社に希望のサイズでオーダーしたもの。
工事の足場を解体する日に、小泉工務店さんが施工してくださった
(棟梁、シュウさん、ありがとうございました!)。

f0151592_22211746.jpg

左のほうにニョキニョキ生えているのは木質化したローズマリー。

今日はコンクリの上に打ち水をする余裕がなかった……
(水の節約&運動だと思って、お風呂場から水をバケツで運んでいる)。

f0151592_22221582.jpg

ムクゲ、残念ながら今日は開いている花がない。

f0151592_22222149.jpg

はいはい、まだ入りたくないのね……。

今はそばの椅子の上で爆睡中。


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2014-08-07 22:51 | つれづれ | Comments(4)
Commented by うな茶漬け at 2014-08-08 11:02 x
ロータス様・ヤマコちゃん共々、清楚な(!)緑が素敵なお庭ですね。
このところ、お元気そうでひと安心。
そうそう
実家の回りのお宅、昔は緑が多くて
「アプローチ」がしっかりあって、低めの二階屋ばかりだったのに
今は道路ぎりぎりに見上げるような新築が・・・
災害のときにも土の部分を残さないといけないのに嫌だなぁ・・・って思います。

残暑厳しいですので どうかご自愛ください〜〜
Commented by penelope33 at 2014-08-08 12:43
うな茶漬けさん、こんにちは。

相変わらず暑さでバテバテですが、
「出費も嵩んだし、少しづつでも稼がないと」と思いまして……。^^;

だいぶ土を足したり腐葉土を撒いたりしたんですけど、
元々の土が痩せているので、同じ苗でも培養土だけで育てた
鉢植えのほうがしっかり育ってるんですよね〜。

常緑のものを中心に植えているんですが、
「アジサイが枯れた後はどーする?」
「レモンの木は今年は実は全滅か〜?」とか、
いろいろ試行錯誤しながらやってます……。

でも、2年前の画像を見て、
「今あるものを枯らさず手入れを続ければ、
 2年後はもうちょっと茂ってくるかな〜」という気になりました。 ^^

うな茶漬けさんも、くれぐれも御自愛くださいね。
Commented by doraneko at 2014-08-09 11:13 x
こんにちは。ヤマコちゃん、鋭い目つきで・・・案外penelopeさんを護衛しているつもりなのかも知れませんね。
グリーンがあるだけで満足、というのに共感します。目に優しいし。動植物と付かず離れず、ナチュラルな距離感が素敵だと思います。
Commented by penelope33 at 2014-08-09 13:51
doranekoさん、こんにちは。

ヤマコ、目の上が直線的なので、
明るいところだと三白眼っぽい凶悪な目つきに写ることが多くて、
できるだけそういうカットを排除しているんですが……。 ^^;

確かににらみをきかせてるようにも見えますが、
何か大きな物音でもしたら真っ先に逃げますよ、こいつは……(笑)。

グリーンはホントに目に優しいですね。
葉っぱだけでもぼ〜っとながめてしまいます。

ヤマコもなぜか今年はよくベンチの上でくつろいでいます。
たいして日陰でもないのですが、庭の緑を楽しんでるように見えます。
名前
URL
削除用パスワード


<< 小振りの丸木地盆      古錫急須(元箱付) >>