2014年 08月 21日

白磁菊花型膾皿

伊万里白磁の菊花型膾皿は、お金さえ出せば買えないことはないけれど、
今まであまり食指が動かなかった。

でも、瀬戸産と言われたこの膾皿(もしかしたら切込焼かも……いや、やはり瀬戸)は、
料亭の器然とした伊万里より親しみやすい雰囲気が気に入った。

通常の伊万里菊花型膾皿より小振りで、花びらの凹凸も穏やかでさりげない感じ。
青白磁に近い色合いの上釉には貫入がびっしり入っている。

(江戸後期/口径:14cm弱・高さ:約4.5cm/御売約)

f0151592_22361687.jpg




f0151592_2238137.jpg

表側の肌のきれいな順に、左上から、 A ・ B ・ C 、 D・E・F(Gは欠番)・H、 I ・J・ K と記号をふった
(トップの画像はC)。

カタチとしては、A・B・C・I が正円に近い印象。

特に御希望のない場合は、在庫の中からよい状態のものを、
また複数枚御希望の場合は、なるべく雰囲気の似たものをお選びします。


【C】→御売約

f0151592_22451148.jpg

ちょっと見ではこれが正円に近いかなと思ったけれど、それでも直径3mm程の差がある。

f0151592_224650100.jpg



*********************************************

【A】→御売約

f0151592_2240529.jpg


f0151592_2241164.jpg



*********************************************

【B】→御売約

f0151592_22421965.jpg


f0151592_22425564.jpg

貫入にまぎれるようにニュウが見える。


*********************************************

【D】は【E】と似たような感じなので省略(→御売約)。

*********************************************

【E】→御売約

f0151592_22532296.jpg


f0151592_2253084.jpg



*********************************************

【F】→御売約

f0151592_22541630.jpg


f0151592_2254229.jpg



*********************************************

【H】→御売約

f0151592_22554584.jpg



*********************************************

【I】→御売約

f0151592_22563936.jpg


f0151592_2257831.jpg

5客に「切桂」という文字が墨で書かれていた(残りの5客には「丁」の字が)。
それぞれ1客づつ、わざと洗い残しておいた。

窯の印か、持ち主の屋号か……?

f0151592_22572115.jpg



*********************************************

【J】→御売約

f0151592_2315788.jpg


f0151592_233040.jpg

縁の釉がかかっていない部分が茶色く焼けている。


*********************************************

【K】→御売約

f0151592_2333414.jpg


f0151592_234789.jpg

欠けた部分の土を見ると、完全な磁器というより半陶半磁という気がする(どうでしょう……?)。

f0151592_234306.jpg

「丁」の字。

*********************************************


f0151592_239421.jpg

元箱。「文政 拾 亥 春……皿 二十人前」、(横に)「菊皿拾人前」などと書いてある。

仮に文政10年だとすると、西暦では1827年、干支は「丁亥」。
それで「丁」の字なのかな……?



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2014-08-21 23:12 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< 青蓮亭好みの裂織(サキオリ) その6      Picquot Ware のテ... >>