青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 09月 04日

李朝白磁壺(塩笥)

この壺を買ったのは2年前の夏のこと。

酒器にならない塩笥なんて売りにくいかと思いつつ、
艶やかな釉調と、白地にグレーの帯がたなびくように入っている様に惹かれ、買い求めた。

『西荻骨董好きまつり』や『ルーサイト ギャラリーの骨董市』に持っていったりもしたが、
案の定ほとんど手に取る人もなかったので、まあ無理に売ることもないかと、家に置いてある。

一応画像をUPしてみる。

(李朝前期/胴径:約13cm・高さ:約9.6cm/御売約)

f0151592_2253361.jpg




その年の秋、渋谷区立松濤美術館で『古道具、その行き先 坂田和實の40年』という展覧会があり、
この塩笥と同じようにグレーの帯の入った「朝鮮 李朝 白磁壺(15-16世紀)」を見かけた。

「今更坂田さんが白磁塩笥って、どうして選んだんだろう?」と少し不思議な気がした。

フライヤーには、「とうとう、既成の美の/価値観というような/大きな堅固な壁と/撃沈覚悟で/
真っ向勝負という形に/なってしまいました」とあったし、
観逃した『骨董誕生』という展覧会(2006年/於 同館)での雑巾、
使い古しのネル製コーヒードリッパーなどの噂を聞いていたので、
観る者に「骨董」の概念を問い直すような、
かなりラディカルな内容の展示になると予想していたからだ。

f0151592_22531361.jpg

これが図録の図版を複写した画像(撮影:ホンマタカシ氏)。

ザラついた用紙なのでちょっとわかりにくいが、
こうやって比較してみると、
おそらく坂田さんはこの極端に張った胴のフォルムに惹かれたのだと思う。
グレーの帯については、あるいはどうでもよかったのかもしれない。

f0151592_22525019.jpg

展覧会については、共感するところもあり、反撥を覚えるところもあり、
懐かしい品との再会もありと、興味深く、いろいろなことを考えさせられた。

最終日に駆け込んだのだけど、
晩秋だというのに、観終わった後鼻水が止まらず(アレルギー体質で、スギ花粉とハウスダストがダメ)。
やはりあれだけの量の古物、放出するホコリの量も相当なものだったのだろう。

f0151592_22533374.jpg


f0151592_22532323.jpg


f0151592_22532491.jpg


f0151592_22535877.jpg

見込みに亀裂が走っているが、水は漏れない。

f0151592_22532146.jpg


f0151592_22531326.jpg

「用途」としたら花生けだろうけど、この姿を静かにながめるだけで十分。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2014-09-04 23:25 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
Commented by doraneko at 2014-09-06 09:48 x
サイズ以上の大きさを感じさせる壷だと思います。
茫洋として、距離感が掴みにくいからでしょうか。
あんまり用途がなくても(失礼)、好きなものをただ眺める、という
余裕を持ちたいですね。
Commented at 2014-09-07 07:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2014-09-07 15:11
> doranekoさん

そうですね。画像のほうが実物より大きく感じますね。
でも、どんなに気に入っても(そして手に届く値段でも)
保管スペースがないのであまり大きなものは買えないんですよね。

時間的・経済的な余裕もあまりないので、
普段は食事の器を好みのものにするくらいがせいぜいですよ(笑)。
Commented by penelope33 at 2014-09-07 15:12
> T様

先程、メールをお送りしました。


<< さよなら、原っぱ。      会津本郷焼糠白釉鉄絵小皿→砕石... >>