2014年 09月 10日

Mintonのヴィクトリアン・タイル

2006年に旧岩崎邸庭園で『ミントン タイルの秘密展』という展覧会が開催された。

邸内のタイルがイギリスのミントン社製と判明したのは、
そのわずか3年程前の修復時のことだったとか。

王室御用達のミントンのボーンチャイナとか、英国アンティークの王道にはとんと縁がないけれど、
このミントン製のタイルは気に入った。

(下の画像・右=A、左=B/約15.5cm角・厚さ:約2.5cm/御売約)

f0151592_0531693.jpg




Minton社の英語版Wikipediaを見ると、華麗な花瓶の画像より先に、タイルの画像が使用されている。

ミントン窯のタイルについては、ネット上ではこちらのブログに詳しい。

ミントン窯で盛んにタイルが製造されたのはヴィクトリア時代(1837年〜1901年)にあたるが、
その文様の様式は、使用された建築物の様式によって実に様々だったようだ。

 岩崎邸の象嵌タイルは中世のリバイバルですから簡素な味わいがありますが、
 ヴィクトリアンタイル自体は近世〜近代であり「装飾」がキーワード。

 「モチーフはイングリッシュデルフトタイルを受け継ぎ、いちじるしく多様。
 ロマネスク、ゴシックなど中世の動物、組紐、草花文様をはじめ、花、鳥、動物、人物等々、
 カテゴリー区分すれば、自然主義、ネオ・ゴシック、オリエンタリスム、
 アーツアンドクラフト運動の各様式である」
 (『イギリス・タイルの流れ 中世からヴィクトリア朝まで』/前田正明)ですから、
 もうよくわかりません、、
        
          〜ブログ『イスラムアート紀行』より〜


岩崎久弥茅町本邸(現・旧岩崎邸庭園洋館および撞球室)を設計したのは、
西欧化を進めた明治政府によって招かれた、いわゆる “お雇い外国人” のひとり、
イギリス人建築家のジョサイア・コンドル(Josiah Conder、1852-1920)。

コンドルは1877年(明治10年)に来日、工部大学校(現・東京大学)造家学科の教授となり、
辰野金吾、片山東熊といった日本を代表する建築家を育成。
また、鹿鳴館、 三菱一号館、三井家倶楽部(現・綱町三井倶楽部)、
古河虎之助邸(現・旧古河庭園大谷美術館)などを設計した。

余談だが、昔勤めていた会社が、T建設の発注で
明治建築をつくった人びと 〜コンドル先生と四人の弟子〜』という短編映画を製作したという縁がある
(全国の視聴覚ライブラリーなどで観られるはず)。

日本で多数派だったイギリス製タイルの中でも、その半数はミントン社製だったそうだ。
明治期洋館建築をリードした生粋のロンドンっ子であるコンドルが
ミントンを好んだということもあるらしい。

この2枚のタイルは、コンドルの設計した建物に使われていたとは限らないけれど、
出自から考えると、同時期の日本で建てられた建築物で使われていたものだと思う。


*********************************************

【A】

f0151592_0532963.jpg


f0151592_0531953.jpg

「MINTON & Co / PATENT / STOKE UPON TRENT」との刻印がある
(「STOKE UPON(ON) TRENT」はミントン窯の本拠地の地名)。

岩崎邸のタイルには「MINTON & Co 〜 STOKE ON TRENT」と記載されていたということなので、
もしかしたらそれより古いものなのかも。

f0151592_0532597.jpg


*********************************************

【B】

f0151592_0531283.jpg


f0151592_05345.jpg


f0151592_0531994.jpg


f0151592_053271.jpg

この2枚のタイルの文様は、何様式なのか、どなたかお詳しい方がいらしたら御教示ください。

なんとなくウィリアム・モリスっぽいというか、
アーツ・アンド・クラフツっぽいのかなぁという気もするが。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2014-09-10 01:14 | 古いもの・古びたもの | Comments(8)
Commented at 2014-09-10 08:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2014-09-10 10:14
> 鍵コメント at 2014-09-10 08:14 様

承知いたしました。
ぜひ、御覧になってみてください。
Commented by うな茶漬け at 2014-09-10 10:40 x
このところ出遅れてばかりのうな茶です 泣
でもこのタイル、特にAの裏側なんだかすごくオイシそう・・・
Commented by penelope33 at 2014-09-10 14:29
> うな茶漬けさん

ごめんなさい。
もしかして黄色い御深井の器が御所望でしたか……?
直径13cm程の襞皿でしたら後日UP予定ですが
(これもおいしそうな釉調)、御興味あります?

Aの裏側はホントにおいしそうですよね。
マクビティのビスケットみたい。
「♪ヤンヤァ〜ンヤ、マクビティ〜」という
おじさんの歌うCMソングが聴こえてきました(古すぎる……!?)。
Commented by うな茶漬け at 2014-09-10 18:46 x
ロータスさま ピーンポーン!
(うわ マクビティとおんなじくらい古いわ 笑)
ちょっぴり南仏チックで、うな茶の好みです!!!
Commented by penelope33 at 2014-09-10 19:00
合点承知の助です(古語……^^;)。
「商談中」でUPして御連絡しますね。
Commented at 2014-09-16 13:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2014-09-16 15:32
> 鍵コメント at 2014-09-16 13:56 様

申し訳ございません。
こちらのコメントを拝見する前にお仕事先のほうにメールを
お出ししてしまいました。

追って、御自宅のほうにもお送りいたしますね。


<< 草木たち      御深井釉平皿 >>