青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 09月 26日

アメリカ開拓期の “選鉱パン”(砂金取り用のたらい)

こちらの記事で御紹介したものより大きなタイプ。

前回売れなくて苦労したのだけど、この質感と形が好きで、1年程前にまた買ってしまった。

当然、ニール・ヤングの『AFTER THE GOLD RUSH』を聴きながら、この記事を書いている。

(直径:約30.8cm・高さ:約5cm/御売約)

f0151592_22492281.jpg




f0151592_22493536.jpg

表側が赤茶っぽくまだらになっているのは、砂金を目立たせるための塗装が剥がれている状態。
錆が手につくような状態ではない。

f0151592_22493316.jpg

野菜や果物、ドライフラワーや木の実などのオーガニックなアイテムも似合うし、
アクセサリーなどのディスプレイにも使える。

f0151592_22492027.jpg

個人的には「ハードな繭皿」だと思っているんだけど……。

f0151592_22491966.jpg

裏側は塗装が残っている状態。

f0151592_2249352.jpg

イガ栗があったら載せたんだけどな〜。

f0151592_22485156.jpg

オマケ画像。
麻布を敷いてブツ撮りをしているとやってくる奴……。


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2014-09-26 23:10 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented at 2014-09-27 00:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2014-09-27 06:48
> 鍵コメント at 2014-09-27 00:05 様

承知いたしました。

こちらはいつでも結構ですよ。
御都合がつきましたらまた御連絡ください。
名前
URL
削除用パスワード


<< 『第2回 ドンと行こうぜ ホ...      布志名焼の黄釉大鉢 >>