2014年 10月 26日

明るいグレーの湧田焼灰釉茶碗(マカイ)

ニュートラルなグレーの釉で品がいい、琉球・湧田焼の灰釉茶碗(マカイ)。

壺屋焼に統合される以前の琉球のやきものの歴史はこちら
(自分で書いていてもすぐ忘れるので、ついでにおさらい……)。

湧田マカイはネット上で見かけることも増えているし、
状態のよいものはだんだん入手しづらくなってくると思われるので、
在庫がひとつあるけれど思い切って購入してみた。

(17〜18世紀/口径:約17.1cm・高さ:約6.3cm/御売約)

f0151592_21125140.jpg




f0151592_2113488.jpg


f0151592_21122315.jpg

形は少し歪んでいるのだが、轆轤に勢いがあって指跡が輪線状になっているところがいい。

f0151592_21124649.jpg

貫入に紛れるように、
外側に2.5〜3.8cmのニュウが3本、内側に2.7〜3cmのニュウが2本あるが、
響きもよく、現状では問題はないと思う。

f0151592_21122160.jpg


f0151592_2112295.jpg


f0151592_211231100.jpg

右が今回のもの、左がこちらの【B】。


*********************************************


先週は、扇風機をまだしまっていないのに(!)、
つい電気ヒーターを出したくなるような天気が続き、体調もいまひとつでグダグダしてしまった。

今週は頑張ってなるべく更新したいと思います。

by penelope33 | 2014-10-26 21:34 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented at 2014-10-29 18:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2014-10-29 22:18
> Kさん

うれしいコメントをいただき、ありがとうございます。

私自身、あまり料理上手とはいえないので、
「スーパーで買ったお刺身や冷や奴なんていう食材こそ、
古きよき器の力で楽しもう!」というタイプです(笑)。

また、フツーの業者さんが見過ごすような品を
“落穂拾い” して御紹介しますね。

Kさんもどうぞ御自愛くださいませ。


<< 小振りの角飴瓶3点      今日の庭(10/19) >>