青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 11月 30日

古伊万里染付草花文盃と古伊万里白磁盃

お客様からお問い合わせをいただき、最近使っていない私物の盃を放出することにした。

このふたつの盃は、最初から私物にするつもりで購入したので、
お譲りいただいた方から
「(白磁のほうは)初期伊万里とまではいかないけれど、結構古い」ということ位しか聞いていない。

染付草花文のほうは「くらわんか」っぽいから(「くらわんか」でいいのかな?)、
厳密に言うと「肥前磁器盃2種」ということになるのもしれないが、
まあ「古伊万里」としたほうがわかりやすいので……。

(染付草花文盃……口径:7〜7.2cm・高さ:約4.5cm/白磁盃……口径:約7cm・高さ:約4.5cm/御売約)

f0151592_2213844.jpg




*********************************************

f0151592_2204860.jpg

以前御紹介したこの草花文猪口も良かったけれど、こちらのほうがより闊達な筆使いで構図も抜群。

f0151592_220461.jpg

反対側には蝶が。

f0151592_2202790.jpg

渋い赤茶の漆の直し。

f0151592_2202793.jpg

そばに1.5cm程のニュウ(内と外、両方)。

f0151592_2201834.jpg


f0151592_221971.jpg


*********************************************

f0151592_2219918.jpg


f0151592_22192571.jpg

反対側。

f0151592_221567.jpg

高台にホツレがあるが座りは安定している。

f0151592_21595267.jpg

1.5cm程のニュウは内と外に。

f0151592_2201634.jpg

こちらは1cm以下の短いニュウ(内側にも)。

f0151592_2201610.jpg


f0151592_221613.jpg


*********************************************


f0151592_221491.jpg

肌合いの比較のために、古伊万里白磁蕎麦猪口と。


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2014-11-30 22:30 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< 枯れた朝鮮のお膳の天板 3      Westclox “AMERI... >>