青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 03日

謹賀新年 2015

あけましておめでとうございます。

旧年中はいろいろとお世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

社会的に(少なくとも自分にとっては)気が滅入るような状況が続いておりますし、
心配事やストレスを抱えている方も多いと思います。

今年もこのブログでは、古物の御紹介の他、
身の回りのささやかな事柄を淡々と綴っていくつもりです。

お立ち寄りくださる方が、少しだけホッとひと息入れられるような、
そんな “場所” になれば幸いです。


********************************************


師走に、商品にするつもりで買った黒漆の御敷(33cm四方で角が丸いタイプ)。

家に持って帰って梱包をほどくと、5枚のうち1枚が少し反っていたので、
「とりあえずウチで使ってみるか〜」ということに。

暮れの最後の仕入れで、前々から気になっていた鶴の文様の色絵菱形皿を買ったので、
手持ちの器と合わせ、お正月っぽいセッティングをしてみた。

f0151592_17152464.jpg




今年のお正月は川越の父が奮発して三段重のお節料理を注文(セレクトは姉)。
2日にZOOと出かけ、御相伴にあずかることになっていたので、
自宅のほうは普段よりもさらに手を抜き、お雑煮しか作らなかった。

それでも、御敷の上の “それらしい器” に盛ると、
たとえ「ふじっ子のおまめさん 『丹波黒 黒豆』」でもそれなりに見える。

菱形皿は、余白が多く上品な色合いで、金彩が剥げかかっているところがいい。
丸い器が多い中で変化もつく。

御敷は、6寸〜7寸皿も置けるこの位のサイズがお薦め。
もっとも、ウチの正円(直径90cm位)の卓袱台だと3枚置くのがやっとだけど……。

f0151592_17145951.jpg

伊万里金爛手などの色絵は結構クドいので、個人的にはこの豆皿くらいで十分。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-01-03 17:47 | つれづれ | Comments(0)


<< スーパーで David Byrne      平佐焼白磁乳鉢 >>