2015年 01月 07日

淡路焼(珉平焼)黄釉中鉢

ひとまわり大きな鉢と入れ子になっていた、淡路焼(珉平焼)の黄釉の鉢。

杉並に住んでいた頃、仕入先から自宅の最寄駅にたどりついたとき、
これを入れていたカバンが「ゴンッ」とイヤ〜な音を立ててプラットホームに当たった。

大きいほうは完全に割れてしまい、これにもキズがついてしまった。

淡路焼としてはさほど珍しくもないので、ずっと家に埋もれていたのだけど、
野菜のスープ 野菜を素直にあじわう84レシピ』の撮影で使用。

その後、おでんのときに数回使ったりもした。
はんぺんの白、厚揚げやがんもどきの茶色、昆布の暗緑色等、それぞれの具材の色が映え、
全体にジミな色合いのおでんがとても美味しそうに見えた。

(明治頃/直径:約16cm・高さ:約6cm/御売約)

f0151592_21275472.jpg




f0151592_2128110.jpg

『野菜のスープ〜』P.100「そぎ大根」のスープを盛ったもの(撮影:神林 環さん)。

f0151592_21274370.jpg

手を添えるとこんな感じ。

f0151592_2128341.jpg

箸と。

f0151592_2128120.jpg

見込み。

f0151592_21274179.jpg

幅5mm程の削げ。

f0151592_21274328.jpg

高台に幅6mm程のカケと、少し突起がある。

f0151592_2127376.jpg

突起部分は金属ヤスリなどを使えば平らにできる。

f0151592_21274732.jpg

プレーンなデザイン、温かみのある穏やかな黄色。

ひとり分のメインディッシュ(豚の角煮・クリームシチュー等々)や、
2〜3人分の副菜(白和え・ポテトサラダ等々)に。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-01-07 21:58 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented at 2015-01-08 12:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2015-01-08 15:23
> O様

ありがとうございます。
追ってメールいたしますね。


<< 冬のヤマコ二態      スーパーで David Byrne >>