青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 10日

天啓赤絵茶碗 2種

中国・明末の「天啓年間」はわずか7年(1621年〜1628年)で、
このふたつの茶碗が本当に天啓年間に作られたものかどうかはわからないが、
「蓮」と「水禽(すいきん)」(「=游禽類《カモ類》のこと。広くは渉禽類《サギ類・ツル類》も含む)
の図柄は「天啓赤絵」によく見られるもの。

時代は清代初期頃まで下るかもしれない。

もう一方は「蓮」と「椿」のように見える。

勢いのある筆致の絵と余白のバランスが好ましい。
傷ものではあるけれど、絵の魅力を評価していただければ……。

(口径:約9.2cm・高さ:約5cm/御売約)

f0151592_2295147.jpg




*********************************************

【A】蓮と(おそらく)椿の図。
f0151592_2281096.jpg


f0151592_2284611.jpg

手に取るとこんなサイズ。

f0151592_228990.jpg

これは椿でいいのかな?

f0151592_228257.jpg

4.5cm程のニュウ。

f0151592_228039.jpg


f0151592_227527.jpg

内側のニュウは底まで達している
(見込みの、シールを剥がした跡のような汚れは拭き取れました)。

f0151592_2274330.jpg


f0151592_2274292.jpg



*********************************************


【B】蓮と水禽の図
f0151592_2273182.jpg


f0151592_2271122.jpg

反対側。

f0151592_227947.jpg

小さな金直しが2箇所。
間に4.7cm程のニュウ。

f0151592_2272267.jpg

内側にも4.2cm程のニュウ。

f0151592_2272198.jpg


f0151592_2272439.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-01-10 22:34 | 古いもの・古びたもの | Comments(3)
Commented at 2015-01-11 07:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2015-01-11 07:18
> H様

おはようございます。
現時点では漏れはないと思います。

これから外出しますので、とりあえずお茶を入れてしばらく置いてみますね。
Commented at 2015-01-11 11:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 御深井釉筒向付      冬のヤマコ二態 >>