2015年 01月 11日

御深井釉筒向付

フォルムもサイズもゆったりとした御深井釉の筒向付。

薄造りで堅いところが瀬戸系かと思われるが、どうだろう?

女性の手だとやや大きめかもしれないけれど、お茶、コーヒー、焼酎のお湯割りなど、
たっぷり飲みたい方にはちょうどいいかもしれない。

(江戸中期頃/口径:約9.3cm・高さ:約7.5cm/御売約)

f0151592_20391257.jpg




f0151592_2039144.jpg

反対側。

f0151592_20393754.jpg

私が持つと、指を目一杯広げる感じ(ガサガサの手がお見苦しくてスミマセン……)。

f0151592_20385097.jpg

3cm程の窯キズ(水は漏れません)。

f0151592_20385663.jpg

内側もこんな感じ。
貫入に紛れるように、青い矢印の部分に2cm強と1.5cm程のニュウ(内側のみ)。

f0151592_20384928.jpg

口辺には最大3mm程の釉剥げが数箇所あるものの、口当たりは良さそう。

f0151592_20384780.jpg

見込み。

f0151592_20383259.jpg

品格のある造形。

f0151592_20384121.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-01-11 20:57 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< 鶴と芍薬の図 色絵菱形皿      天啓赤絵茶碗 2種 >>