2015年 01月 31日

大きな楕円形の刳り貫き盆

和物を扱う業者さんから購入したので、おそらく日本の古民具だと思うのだけど、
用途がよくわからないし、もしかしたら外国のものなのかもしれない。

「桶」というには浅く、両端の裏側が窪んでいて運びやすくなっているので「盆」とした。

落ち着いた濃茶の肌に残る細い鑿跡がリズミカルだ。

サイズ感や色合いがどこか小動物じみていて、そばに置いておくとホッとするような雰囲気がある。

仕入れも出店も手持ちだし、在庫を置くスペースも限られているので、
あまり大きな品には手を出さないのだが、さほど重くもないので嬉々として持ち帰ってきた。

(縦:約25.5cm・横:約57.5cm・高さ:約5.5cm/御売約)

f0151592_1936695.jpg




f0151592_1936887.jpg


f0151592_19355563.jpg


f0151592_1936398.jpg

「トロトロ」でも「カラッカラ」でもなく、自然な艶がある。

f0151592_19355062.jpg


f0151592_19362045.jpg


f0151592_1935483.jpg

ちょっと「焦げ」のようなものが付着している。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-01-31 19:46 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< 『ドーの古道具市 その四』のお知らせ      ゆうべの晩ごはん(大根と手羽元... >>