2015年 05月 07日

ふたつの壺屋白釉マカイ

琉球・壺屋焼の白釉マカイは、ブログにちゃんとUPせずに売ったことがあるけれど、
その後、なかなか入手できないでいた。

こちらの『第2回 アート+骨董マーケット』の記事にスナップ写真が残っている。
(『BRUTUS』800号「居住空間学 2015」で御自宅が話題の古物商・大久保忠浩さんの品々も見られます)。

最近、別々の業者さんからひとつづつお譲りいただいたので、比較しながらUPしてみます。

琉球のやきものの歴史については、こちらの記事を御参照ください(……と言いつつ、自分も復習、復習)。

(左・A=口径:約12.7〜13cm・高さ:約6cm/右・B=口径:約12cm・高さ:約5.6cm/ともに御売約)

f0151592_22284594.jpg




*********************************************

  【A】
f0151592_22274977.jpg

無地の白釉のマカイが作られていたのは戦前位までと聞いたことがあるが、
こちらの茶碗の時代は19世紀末から20世紀初めといったところ……?

全体に温かみのあるクリーム色で、片側は貫入が目立って堅手茶碗のような雰囲気。
あまり時代はないけれど、その分気軽に普段使いしたい。
サイズは大きめの飯碗にちょうどいい感じ。

こちらは貫入が少ない側。

f0151592_22274474.jpg

伏せたほうが肌合いがよくわかる。

f0151592_22274223.jpg

こちらは貫入が目立つ側。

f0151592_22273913.jpg

      ややマットな質感。

f0151592_2227383.jpg

      境目はこんな感じ。

f0151592_22273676.jpg

      反対側。

f0151592_22273454.jpg

内側。
矢印の部分に、よく見ないとわからないような共直しがある。

口縁に、貫入に紛れるような短いニュウは見られるが、直しも目立たず、“無傷感覚” で使えるかと。

f0151592_22273193.jpg

     高台。


*********************************************

   【B】
f0151592_22272931.jpg

こちらは18〜19世紀はありそう。
グレイッシュでヌラッと艶のある肌と「てりむくり」のある造形が魅力。

中央に見えるアタリは幅1cm程。

f0151592_22272470.jpg

伏せるとこんな感じ。

f0151592_22272497.jpg

反対側。
化粧土が剥がれて黒っぽい素地が出ている上に透明釉をかけているので、
ゴマフアザラシ」のような模様に……。
「景色」と見るか「キタナイ」と取るか、ここは評価が分かれるところだろう。

上釉が剥がれているスポットもある。

f0151592_22271415.jpg

銘は「ゴマちゃん」に決めた。

f0151592_22271999.jpg

前の持ち主が酒盃にしていたということで、中はさらにツヤッツヤ。

f0151592_22271748.jpg

ここにも「ゴマ」が少々。

f0151592_22271474.jpg

反対側には小さな窯キズ。

f0151592_20333310.jpg

     高台。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-05-07 23:26 | 古いもの・古びたもの | Comments(12)
Commented at 2015-05-08 00:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2015-05-08 00:46
> 鍵コメント at 2015-05-08 00:31様

コメントをいただき、ありがとうございました。
22,000円でいかがでしょうか……?

17日の『大江戸骨董市』にお越しになれるようでしたらお持ちいたします。

また、私は西武池袋線沿線在住なのですが、
御希望の日時に都内ターミナル駅などでお待ち合わせして、
お品物を御覧いただくことも可能ですので、お気軽に御相談ください。

どうぞよろしくお願いいたします。
Commented at 2015-05-08 00:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2015-05-08 00:55
> 鍵コメント at 2015-05-08 00:46 様

ただいまメールをお送りしました。
Commented at 2015-05-08 01:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2015-05-08 01:51
> 鍵コメント at 2015-05-08 01:31 様

ただいまメールをお送りしました。
Commented at 2015-05-08 21:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2015-05-08 22:52
> 鍵コメント 2015-05-08 21:54 様

こんばんは。
以前より御贔屓にしていただき、まことにありがとうございます。

10,000円でいかがでしょうか……?
もちろん実物を御覧いただいた上で御判断いただいて結構です。

よろしく御検討くださいますようお願いいたします。
Commented at 2015-05-09 00:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2015-05-09 00:47
> 鍵コメント at 2015-05-09 00:37 様

早々にお返事をいただき、ありがとうございます。

『大江戸骨董市』、一応公式には開場が9:00ですので、
搬入の自動車などにお気をつけて……。

お越しをお待ちしております!


ロータス・ブルー 渋谷 優子
Commented by penelope33 at 2015-05-09 00:50
追伸:出店場所はおそらく私も当日の受付後にしかわからないかと思いますので、
お手数ですが本部席で御確認くださいませ。
Commented at 2015-05-09 01:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 小粋な縞文の籠巾着      枯れた刳り貫き盆 >>