青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 08月 01日

手持ち無沙汰な夜

夜、このあたりは薄暗く、茶の間のエアコンの冷気が通るので、ヤマコがよくくつろいでいる
(今は撮影のために1灯つけている)。

ふたりとも階下にいると、2階で熟睡していない限りヤマコも下に降りてくる。

レンズを向けたら、なにげなく目をそらして階段の上を見るフリ。

茶の間にZOOがいて、台所に私がいるので、ちょうどその中間のポジションでもある。
(ちなみに台所は、冷蔵庫の上の扇風機だけでエアコンはなし……)。

茶の間の籐のカーペットや椅子より、小泉棟梁に貼ってもらった杉板が気持ちいいみたいだ。

ヤマコがダッと階段を駆け上がるときに爪で踏ん張るので、柔らかな杉板はもう傷だらけだけれど、
元々古い家なので、家族(ヒト+猫)が暮らしていく上でできる傷はさほど気にもならない。

f0151592_13352720.jpg




咳の原因は土埃だという気がしているので、
一昨日は雷雨の後に30分程、昨日は日が暮れてから庭木に水をやるときに1時間程、外に出してみた。

ジョウロを持って共用地の花壇に行くと、気持ちよさそうにブロックの囲いの上にいた。

水を撒き終えてから、かっさらうようにヤマコを中に入れる。

f0151592_13352645.jpg

もう少し遊びたかったらしく、しきりにドアの前でアピールしていたが、
しばらくして諦め、猛然とカリカリと猫缶のゴハンを食べ始めた(ややヤケ食い気味……)。

一昨日も昨日も咳が出なくてよかった。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-08-01 13:47 | つれづれ | Comments(0)


<< 瀬戸鉄釉陽刻菊花形小皿      吹きガラスの銅鑼鉢 >>