青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 08月 06日

丹波焼鉄釉おろし皿

当店の密かな人気アイテム、「おろし皿」。
もっと黒っぽいものをずっと探しているのだけど、最近はなかなか見つからない。

でも、これもなかなかの「めっけ物」。

注ぎ口がなく、玉縁で厚みのある「深皿」。
「おろし皿」ということにこだわらずにいろいろ使えそう。

(大正頃/直径:約14.5cm・高さ:約3.5cm/御売約)

f0151592_17103788.jpg




f0151592_17103517.jpg

いわゆる「名品」はないけれど、古いものの並ぶ食卓はなんと愉しいことか……。

先日、溝口健二の『祇園囃子』を観たら、
芸妓役の木暮実智代姐さんが、ガラスの大鉢と揃いの猪口で素麺を食べていた。

f0151592_17103315.jpg


f0151592_17103248.jpg


f0151592_1710292.jpg


f0151592_17102736.jpg


f0151592_17102558.jpg


f0151592_17102315.jpg

比較のため並べた、左のねっとりと黒い釉の猪口(私物)は、明治頃の丹波焼と思われる。


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-08-06 17:31 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< 夕涼み      布志名焼の黄釉豆皿 >>