青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 08月 21日

清明な繭皿

鑿跡は残っているけれど、軽く表面を研磨したような印象がある繭皿。

明るく枯れた色合い、薄手の形と相まって、清々しい雰囲気。

「ちょっと三谷龍二さんの作品のような感じ」と言ったら怒られるかな……?

(直径:約33.5〜33.7cm・高さ:約3.7cm/御売約)

f0151592_22313046.jpg




f0151592_22312567.jpg


f0151592_2231232.jpg


f0151592_22311719.jpg


f0151592_22311332.jpg


f0151592_2231713.jpg

あいにく似合う果物がなくて、毎度アナベルですが……。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-08-21 22:36 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< 卵色の小さな碗      今日の庭(8/20) >>