青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 08月 25日

大振りの染付草花文広東碗

また出会ってしまった。

こちらの碗と同じ清朝末期頃の雑器、通称「広東碗」。

いろいろ教えてくださった方が「南方のくらわんか」とおっしゃっていたが、
グレーの素地に黒っぽい呉須で描かれた文様の大らかさが、なんともいい。

今回は少し大きめのサイズで、小丼といった感じ。

(19世紀頃/直径:約13.3〜13.5cm・高さ:約6.3cm/御売約)

f0151592_2116248.jpg




f0151592_21161368.jpg

左右は私物の “広東碗ブラザーズ” (こちらは、汁気のあるものの取り皿に便利な小鉢)。
今回の碗も食器棚に収めたいところだけれど、いやいや、売りますよ……。

f0151592_2116224.jpg

なんとなく蓮の花のような……。
それにしても、この絵柄はひとつの典型なのだろうか?(我が家の右の浅鉢とそっくり)

f0151592_21161842.jpg

「虫」の表現?闊達すぎてよくわからないが、気持ちのよい描線。

f0151592_21161147.jpg


f0151592_2116937.jpg


f0151592_2116758.jpg


f0151592_2116654.jpg

横に走る窯キズが数本。

f0151592_22265052.jpg

見込み。

f0151592_2116271.jpg

高台。

f0151592_2116082.jpg

この碗を見ていたら、映画『ブレードランナー』(なんと続編を今夏より製作中だとか!)の
例の「ふたつで十分ですよ!」のシーンをなぜか思い出した。

映画の丼のサイズは普通のラーメン丼位あるのだろうし、2019年の屋台の「ヌードル・バー」で
この丼が使われているはずもないのだけれど……。

f0151592_21155834.jpg

ハリソン・フォード演ずるデッカード警部が「4つだ」と注文するものが何であるか、
長年の謎だったのだが、BOXセットに収録されたテスト試写用の「ワークプリント版」や未公開映像に
その丼の中身が映っているのだという。

うどん4玉じゃなかったんだね……。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-08-25 22:47 | 古いもの・古びたもの | Comments(6)
Commented at 2015-08-25 22:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2015-08-25 22:49
「ひとつで十分ですよ〜」。
……ウソ、ウソ(笑)。ありがとうございます!
Commented at 2015-08-25 23:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2015-08-26 14:14
追って御連絡しますね♪ ^^
Commented by まき at 2015-08-26 19:36 x
ひゃ~、これかわいい柄ですね!
お花部分のブチ模様の表現がとても好きです。
一瞬「これを飯椀に?」と思いましたが大きすぎますね(^^;)
飯椀は2つ欲しいと思っていますし。
それにしても良く似た柄ですね。定番?みたいなものだったのでしょうか?

デッカードが食べているの、なんのお魚なんでしょうか…。
Commented by penelope33 at 2015-08-26 21:48
> まきさん

この手のお碗、ベトナムとか台湾とか、いろんなところに流通していたんですって。
このあたりの土地に旅行する機会があったら、安く買えるかも……。

描線がクルクルッとしたお椀の画像を、コレクターの方からたくさん見せていただいたので、
時間があったら追加で載せたいと思っているのですが。

デッガードが食べてる魚、鰯をもっと凶悪にしたような顔をしてるらしく、
観た人は、なんか架空の深海魚じゃないかって言っていますね。
味がよくてもお頭付きではちょっと食べたくないカンジです。 ^^;
名前
URL
削除用パスワード


<< 2度目のカラオケ      緑灰色の瀬戸灰釉徳利 >>