青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 21日

瀬戸・美濃系 小碗 三種

三種三様の個性のある瀬戸・美濃系の小碗。

左は鉄釉と灰釉の掛け分け。
こんな小皿は扱ったことがあるけれど、碗では初見。
かなり直しがある。

真ん中は陶胎染付(「太白手」とのこと)。
3cm程のニュウがある以外は、まずまずのコンディション(詳細画像はこちらに)。

右は鉄釉と灰釉の掛け分け+輪刻線がアクセント。
楕円に歪んでおり、ホツレを漆で直してある。

f0151592_21223416.jpg




f0151592_21223071.jpg



真ん中の碗を見て思い出したのが、こちらの碗

このときも「瀬戸じゃない?」との御指摘をいただいていた。

f0151592_21231397.jpg

欠けたところにのぞいている赤い土が、やっぱりアジアっぽい気もするのだけど、
どうなんでしょうね……?

→やはり「瀬戸・美濃系の太白手」という御指摘をいただきました。


**********************************

f0151592_22223524.jpg

お問い合わせのあった【A】(左)と【C】(右)(ともに御売約)。
江戸後期頃(?)の瀬戸産とのこと。


**********************************

f0151592_22223557.jpg

【A】(口径:約9.5〜10cm・約5.3〜5.5cm)

f0151592_22223175.jpg


f0151592_22222652.jpg


f0151592_22222161.jpg


f0151592_22221654.jpg


f0151592_222213100.jpg


f0151592_22221375.jpg


f0151592_2222911.jpg


f0151592_2222992.jpg


f0151592_2222423.jpg



**********************************


f0151592_22252015.jpg

【C】(口径:約9〜10.1cm・高さ:約5〜5.5cm)

f0151592_22253894.jpg


f0151592_22255611.jpg


f0151592_2226137.jpg


f0151592_22263186.jpg


f0151592_22264478.jpg


f0151592_2227236.jpg

薄く皮膜がかかったようになっており、ところどころ艶が失われていますが、
爪で引っ掻くと艶が見えてきますので、カセているのではないと思います。
煮沸などで取れるかもしれません。

f0151592_22272416.jpg

すごーく楕円に歪んでいます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-09-21 21:37 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented at 2015-09-22 16:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2015-09-22 19:24
> 鍵コメント at 2015-09-22 16:29 様

ただいまメールをお送りしました。


<< 太白手小碗      瀬戸陶胎染付草花文膾皿 >>