青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 11月 29日

ふたつの広東碗

骨董の “ど真ん中” ではなく、周辺の “落穂拾い” をするうちに出会った、琉球のマカイ広東碗

左の碗(【A】)は「広東省」の大都市・広州(市)で購入したものだそうで、
まさに「広東碗」と言えそうだけれど、
少し甘手なのか、半陶半磁のような質感で、片側に貫入がびっしり入っている。

この質感が、時代や地域によるものなのか、それとも単に焼成条件によるものなのか、今のところ不明。

右(【B】)は、ブルーグレーの素地、「麗芝文」(でいいのかな?)の広東碗。

(【A】御売約/【B】口径:約13〜13.2cm・高さ:約5.8cm・御売約)

f0151592_21272134.jpg




【A】
f0151592_21421273.jpg


f0151592_21271877.jpg


f0151592_21412035.jpg


f0151592_21271018.jpg


f0151592_2127979.jpg


f0151592_2127699.jpg


*********************************************

【B】
f0151592_2127157.jpg


f0151592_21265840.jpg


f0151592_21265674.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-11-29 21:42 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 今日の庭(11/30)      『点店 2』総集編 (『逆光... >>