青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 12月 05日

壺屋焼 二彩 輪線文 徳利

「二彩」というより「呉須絵」と言ったほうがいいのかな……?

裾広がりの形の、いわゆる「瓶子(ビンシー)」と同様に、対で祭壇に置かれた徳利だと思われる。

でも、時代がさほど古くなさそうだし、サイズが大きめなので、
もしかしたら神事とは関係なく「徳利」として作られたものなのかもしれない。

すっきりとした鶴首の形が好ましく、このまま飾ってもいいし、花生けに使ってもいい。

(高さ:約22.5cm・胴径:約11cm・口径:約2.3cm・高台径:約7.9cm/御売約)

f0151592_22355724.jpg




f0151592_22355455.jpg

佐賀県立九州陶磁文化館蔵の「呉須絵線状文台付瓶(瓶子)」(19世紀〜20世紀前半)


f0151592_22355157.jpg


f0151592_22355017.jpg


f0151592_22354430.jpg


f0151592_22354267.jpg


f0151592_22353711.jpg

反対側は線が流れている。


f0151592_22353751.jpg


f0151592_22353292.jpg


f0151592_22353223.jpg


f0151592_22353024.jpg


f0151592_22352511.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-12-05 22:46 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
Commented at 2015-12-06 15:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2015-12-06 18:00
> 鍵コメント at 2015-12-06 15:15 様

あらら、そこまで下りますかね……。

例の件は、最初に声を上げてくださった方と、まだお会いできないでおりますので、
追ってまた御連絡させていただきますね。
Commented at 2016-01-04 12:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2016-01-04 20:36
> 鍵コメント at 2016-01-04 12:25 様

ただいまメールをお送りしました。


<< 成島焼か会津本郷焼の大鉢      ゆうべの晩ごはん(鶏肉の香草焼... >>