2016年 03月 27日

今日の庭(3/27)

連日ノンストップで商品のUPを続けていると、やはり息切れ気味になる。
今日は日曜で家の前の工事がお休みなので、3月終わりの庭の記録を。

前が空地だった頃と比べ、日当たりが悪くなるのは当然だけど、それにしてもねぇ……。

左の株立ちのソヨゴの端正な樹形を見るにつけ、
小さな苗から育てて暴れまくったオリーブの樹形が気になるようになった。
「オリーブを植えたい」と近所の花屋で苗を調達してきて、その後何にもしない「誰かさん」が恨めしい。

……ちょっとボヤキが多いか。

f0151592_2015672.jpg




今月は、ムクゲ、コムラサキシキブ、白梅、ガーデンマム(洋菊)、クリスマスローズ、ラベンダー、
リスボンレモン、(ほとんど枯れかけた)サンショウの植え替えをした。

f0151592_2015333.jpg

土だけ見えるたくさんの小さな鉢は、宿根草のキキョウ(アストラブルー&ホワイト)。
白を地植えして5株のうち2株消滅させてしまった経験があるので、
これはずっと鉢植えでいくつもり(近日中に植え替え)。

f0151592_20145924.jpg

地植えにすると剪定が大変そうなムクゲ、植える場所を決めかねているコムラサキシキブ、
酸性土壌や夏の暑さに弱いクリスマスローズは、迷った末また鉢植えに。

f0151592_20145544.jpg

「もしや病気?」と思ったクリスマスローズは、植え替えをしたらきれいな葉が出てきて一安心。
まだ肥料もやっていないのに葉が急成長してビックリ。

ほとんど枯らしてしまった左のガーデンマムは、新しい葉が育ってきた。
秋にはちゃんと花が咲くだろうか……?
葉っぱが抹香臭いので、こればっかりは花を咲かせないと植えている意味がない。

f0151592_20145180.jpg

ここにもう1本常緑樹をとずっと考えていて、
半常緑樹のミツバハマゴウ(セイヨウニンジンボク)プルプレアを植えた。
剪定が楽、表が緑・裏が紫の葉が美しい、真夏に涼しげな青紫の花が咲くというのがポイント。
「木」はこれでおしまい。

その右後ろのジャスミン(ホワイトプリンセス)は、近々塀の前に地植えするつもり。

f0151592_20144874.jpg

玄関前。レモンとローズマリーが何となく目隠しに。

ラベンダー、コリアンダー、パセリ、ディル(←いつも虫にやられて収穫したことがない)。
あとバジルと大葉の苗が出てきたら買う。
花ものの1年草は買わず、宿根草や木の苗を大事に育てるようにしている。

右の細長い葉はリコリス(白いヒガンバナ)。
これから葉が枯れて休眠期に入るところ(まだ花を見たことがない。今年こそ!)。

f0151592_20144497.jpg

東側の共用地も日当たりが悪くなったけど、期待を裏切らなかったユキヤナギ、君はエライよ。

f0151592_2014415.jpg

今年はツバキ(一休)も少し花をつけた。

f0151592_20143890.jpg

根元のビオラ ラブラドリカがかわいい。

f0151592_20143669.jpg

スイセンの花付きが悪いのは日当たりのせいかな?
去年、庭の中に置いてひとつしか花を付けなかった手前のニホンスイセンは、いまだ咲かず。

f0151592_20143229.jpg

葉の勢いが良すぎてなかなか花を付けなかったツルニチニチソウが、一株だけ蕾を付けた。

f0151592_20143070.jpg

3月も終わろうとしているのに花が咲かないパールアカシア。
来月咲くのか、はたまた日照不足でダメなのか?(春に黄色い花が見たかったのに……)

基本的にはグリーン(葉っぱ)を観ているだけでもなごむタイプなのだけど、
花の咲くものはやはり折々で花が観たい。

f0151592_20142778.jpg

外出禁止のヤマコ。
毎日「外に出たい!出してよ!」と鳴くのだけど、
「外に出ると咳が出るからダメなんだよ」と言ってやると、なんとなくわかるようで、いっときだけ黙る。
そういうときは隣りに座って一緒に外をながめたりする
(道行く方達からは、「あのヒト暇そうだね」と思われていることだろう)。

f0151592_20142456.jpg

最近、なぜか片足を上げてポーズを取るようになった(ヴォーギング?)。

f0151592_20142196.jpg

外で遊ばしてやりたいのはヤマヤマなんだけどね……。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2016-03-27 21:31 | つれづれ | Comments(0)


<< 美濃拓器染付菊花文中鉢      練込型萬古麻の葉文急須 >>