2016年 03月 29日

古伊万里白磁浅鉢

江戸中期頃の作と思われる、古伊万里白磁の小振りな浅鉢(深皿)。

リムの作りや微妙な段差など、どこか西洋建築のエレメントを思わせるような造形。

この蓋茶碗この鉢皿にしても、
菊や桔梗などの自然のモチーフを取り入れた日本的な器形とはまた違った、
彫刻的かつシンプルなフォルムで、江戸期の職人のデザインセンスに舌を巻いてしまう。

鉄点や微細な引っ掻き傷のようなものはあるけれど、ホツやニュウはありません。

(直径:約16cm・高さ:約4cm/御売約)

f0151592_2217514.jpg




f0151592_2217157.jpg


f0151592_2216576.jpg


f0151592_2216544.jpg


f0151592_22164915.jpg

少したわんでいるのでがたつきますが、さほど気にならない程度かと。

f0151592_22164687.jpg


f0151592_2216433.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2016-03-29 22:39 | 古いもの・古びたもの | Comments(1)
Commented at 2016-03-30 00:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ピューターのトレイ      美濃拓器染付菊花文中鉢 >>