青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 04月 03日

淡路焼褐釉三つ組鉢

淡路焼(珉平焼)のようだけど、今まで扱ったものと少々趣きが違う(もしかしたら京焼?)。

こんな渋い色の釉、私は初見。
漆器のような雰囲気もある。

器形は淡路焼でよく見かける鉢だが、
叩くとキーンと金属質な音がして、かなり硬く焼き締まっている感じ。
古い淡路焼は時代の下る明治期のものより堅いと聞いたことがある。
古手のものなのだろうか……?

(江戸後期頃?/希望小売価格:セットで18,000円)

f0151592_22161739.jpg




f0151592_22161335.jpg

【大】直径:約15.3cm・高さ:約6cm

f0151592_2216929.jpg


f0151592_2216529.jpg

畳付もきっちり施釉してあり、丁寧な作り。

f0151592_22155983.jpg

今まで扱ってきたものは、こんな感じだった。

f0151592_22155616.jpg


f0151592_22155065.jpg

【小】直径:約12.3cm・高さ:約4.8cm

f0151592_22154664.jpg


f0151592_22154196.jpg

【中】直径:約13.4cm・高さ:約5.7cm

f0151592_22153737.jpg


f0151592_22153432.jpg


f0151592_22153047.jpg

合わせ箱がつきます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2016-04-03 22:52 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< ウサギの貯金箱      古染付なずな文盃 2 >>