2016年 05月 15日

瀬戸・美濃系の雑器2点

瀬戸・美濃系の雑器2点をまとめて御紹介。

左が瀬戸灰釉の小さな円筒形の蓋物。

右が太白手の四寸皿(たぶん美濃でいいんじゃないかと)。

f0151592_2223878.jpg




f0151592_2223350.jpg

山水のようでもあるけれど、作例でよく見られるように扇のモチーフなのか……?
闊達すぎてよくわからないが、気持ちのいい筆致。

(江戸後期/直径:約13.4〜13.6cm・高さ:約3.5〜3.7cm/希望小売価格:9,000円)

f0151592_2223038.jpg

小さなホツや……

f0151592_22225439.jpg


f0151592_22225737.jpg

貫入にまぎれるようなニュウあり。

f0151592_22225184.jpg


f0151592_22224827.jpg

少したわんでいるのも轆轤の勢いを感じられていい。

f0151592_22224651.jpg


f0151592_2222432.jpg



**************************************


f0151592_2222408.jpg

白磁誕生前夜という感じの硬質なグレーとシンプルなフォルム。
塩や砂糖、梅干しなどに。

(幕末/蓋の直径:約9.3cm・蓋を含めた高さ:約6.8cm/御売約)

f0151592_22223845.jpg

表側だけに1.6cm程のニュウ(正面)。

f0151592_22223552.jpg


f0151592_22223221.jpg


f0151592_22222944.jpg

カリッと焼けた火間(ひま=釉薬のかかっていないところ)。

f0151592_22222674.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2016-05-15 22:50 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)


<< 高麗さはり碗      五月晴れ >>