2016年 07月 02日

今日の庭(7/2)

諸事情によりブログの更新が滞っておりましたが、またぼちぼちUPしていきたいと思います。

再開第1弾は、庭の “定点観測”。
「梅雨明けしたんじゃないの〜?」という感じの、暑い暑い日の庭の記録。

f0151592_21281438.jpg




f0151592_21294050.jpg

オリーブが茂り、太陽を求めてアナベルが背伸びしたせいもあって、なんとなく目隠しになっている。

f0151592_21293733.jpg

骨董市で衝動買いしたワレモコウ。

f0151592_21293434.jpg

とりあえず一株買ってみたビヨウヤナギ。
永福町の家の庭を思い出す。
自分であれこれ考えて植栽していくうち、
永福の庭にあったこのビヨウヤナギといい、アガパンサスやヤブランといい、
植えっぱなしでも毎年咲き、しかも常緑と、本当に手間のかからない植物であることがよ〜くわかった。

秋には、この庭か東側の共用地の花壇に地植えする予定。

f0151592_2129317.jpg

散水ホースを買ってみたものの、やはり植物によって水加減が異なるので、
ZOOさんに水撒きを頼むときぐらいにしか使っていない。

f0151592_21292924.jpg

玄関前。アナベルの鉢植えは、花がずいぶん小さくなってきた。
そろそろ一回り大きな鉢に植え替えないと。

f0151592_2129275.jpg

やっとキキョウ(アストラブルー)が咲き始めたので、差し色になった。

f0151592_2129243.jpg

共用地の花壇のプリペットの剪定がタイヘンなので、
後ガマに植えようと思っているホソバヒイラギナンテン。
秋まで鉢で管理するつもりなのだけど、この場所、なんかハマッてるかも。

f0151592_21292272.jpg

東側から。成長の遅いツバキが大きくなるまでは、ローズマリーとレモンが目隠ししてくれる。

f0151592_2129193.jpg

共用地の花壇。

f0151592_21291658.jpg

グニーユーカリの胴吹(主幹から直接出ている細い枝)をちょっと茂らせてみた。

f0151592_21291399.jpg

2年目にしてようやくひとつだけ開花した、アガパンサス ‘ガーデンテーブル’。

f0151592_21291119.jpg

ヒトのアタマほどもあるアナベルは、茎が細くてクタッとしてしまったので、添え木をしている。

このアナベル、誉めてくださる方もいらっしゃるのだけど、
「同じものを植えるのね。もっと色とりどりにすれば?」、
「青やピンクのアジサイも植えればいいのに」という声もあり……。

f0151592_2129811.jpg

差し色になると思ったツルニチニチソウの青紫の花が思ったように咲かないのと、
2種・6株植えた紫色のアガパンサスが全部咲いていないことで、やや単調になってはいるかも。
個人的には、白〜クリームイエロー〜淡いグリーンのグラデーションが好きなんだけどなぁ……。

Oさんの好きなピンク色の花で、あまりケバくなくて半日陰で育つものといったら、アスチルベあたり?
……まあ、秋にまた考えよう。

f0151592_2129545.jpg

オリーブ、ワサワサ茂って〼。剪定しなくちゃなぁ……。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2016-07-02 22:12 | つれづれ | Comments(0)


<< やっぱり紙が好き      『点店 3』/ 「さんのはち」... >>