青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 07月 28日

淡路焼瑠璃釉変形小皿→瀬戸焼?

淡路焼(珉平焼)の隅切りの菱形小皿。

もしかしたら、呉須で塗りつぶしたダミの上に透明釉をかけた「薄瑠璃」なのかもしれないが、
淡路焼は他にさまざまな色の釉があるので、便宜上、薄い「瑠璃釉」ということにした。

シャープな造形と明るいブルーがモダンな雰囲気。

かなり硬く焼き締まった上がりなので、明治期ではなく江戸期のものではないかと思う。

(縦:約7cm・横:約9.5cm・高さ:約2.2cm/4客セット/商談中)

f0151592_2339509.jpg




f0151592_23394741.jpg


f0151592_23394540.jpg

伊万里の瑠璃釉と比べると、軽やかな印象。

f0151592_23394360.jpg


f0151592_23394161.jpg


f0151592_23393927.jpg

手前の白っぽいホツに見える部分には上釉がかかっている。

f0151592_23393657.jpg


f0151592_23393416.jpg


f0151592_23393294.jpg


f0151592_23392843.jpg


f0151592_23392568.jpg

調味料や薬味入れに。

f0151592_17265319.jpg

お客様から「瀬戸の可能性は?」とのお問い合わせをいただきました。

確かにあまりにもキンキンに焼けていて、磁器質です。
いくら江戸期の淡路焼が明治期のものより堅いといっても、疑問の残る点です。

緑釉の淡路焼の鉢と高台畳付を比べてみると、鉢のほうが黄味がかっていますね。
緑釉の鉢を叩いてみると、音も低い。

f0151592_17265598.jpg

右は明治頃の瀬戸白磁の小猪口。

f0151592_17265950.jpg

畳付きをルーペで見てみました。

f0151592_1727152.jpg

かなり似ていますね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2016-07-28 23:55 | 古いもの・古びたもの | Comments(6)
Commented at 2016-07-31 22:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2016-08-01 01:03
> 鍵コメント at 2016-07-31 22:54 様

御指摘いただき、ありがとうございます。
高台側の画像も撮ってあったのですが、
うっかりUPしそびれておりました。
失礼いたしました……。
Commented at 2016-08-03 23:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2016-08-04 17:54
> 鍵コメント at 2016-08-03 23:00 様

お問い合わせと御指摘をいただき、ありがとうございました。

関西の業者さんから「珉平焼」とおうかがいして購入したのですが……。

一緒に松の葉形(横長で、サヤに入った空豆みたいな形でした)の緑釉の珉平皿を売っていらして、
珉平焼の変形皿のヴァリエーションに驚きまして、
白地が見える薄い釉の雰囲気でこれも珉平焼かと思い込んでおりました。

ただ、御指摘をいただいて、改めて磁器の可能性が強いという感が強くなりました。

瀬戸だとすると、明治期、あるいは大正頃まで下る可能性もあるでしょうか……。

お値段、送料込みで15,000円ではいかがでしょうか……?
Commented at 2016-08-04 19:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2016-09-19 19:27
> 鍵コメント at 2016-08-04 19:34 様

京都にお住まいの別のお客様と間違えてしまい、
その方にメールでお返事をしておりました……申し訳ありません!

U店のU様でしょうか……?
以前いただいたメールアドレスとお変わりなければ、
そちらにメールいたしますが……。
名前
URL
削除用パスワード


<< ゆうべの晩ごはん(冷やし中華)      工業系の自在鈎 >>