青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 08月 16日

安南染付草文馬上盃

グレーがかった素地に、大らかでにじんだ絵付けが好ましい、安南の染付馬上盃。

安南のやきものの時代判定は正直なところまだよくわかっていないが、
15〜16世紀頃のものだのこと。

(口径:約7.4〜7.7cm・高さ:約4.8cm/御売約)

f0151592_2342689.jpg




f0151592_234288.jpg

口縁にはごく小さな削げが数ヶ所ある。

f0151592_2342362.jpg

手前の凹みは窯キズ。

f0151592_2342127.jpg


f0151592_234192.jpg


f0151592_2341721.jpg

足の部分の凹みは窯キズ。上釉がかかっている。

おそらく発掘時に突かれた際にできたと思われる、ごく薄いトリアシ状のヒビがあるが(上の画像・左下)、
よく焼成されており、上がりがいいので、使用には差し支えないかと思う。

f0151592_2341598.jpg


f0151592_2341316.jpg


f0151592_2341014.jpg

夏の晩酌セット。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。


by penelope33 | 2016-08-16 23:21 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ミャオ族のストライプの麻布 2      平佐焼白磁茶碗(向付) >>