2017年 01月 10日

急な打ち合わせ

昨日は目が覚めたら風邪が悪化していたので、葛根湯をのんで夕方まで休んでいた。
ZOOは階下で水素ステーションのビデオの編集。

「さて、そろそろ起きておじやでも作るか」と着替えると、
これからドラマのTプロデューサーが家に来ると聞かされ、まさに寝耳に水。

程なく、ふたつ隣りの駅の大泉学園にある東映東京撮影所・スタッフルームより、
プロデューサーのTさんと制作担当のKさんが来訪
(Tさんは私が以前働いていた会社の同僚なので、旧知の間柄ではある)。

結構長い間打ち合わせをしていたので、
ふたり分の夕飯を4人分に水増しして準備していたのだが、
お二方はスタッフルームにトンボ帰りしていった。

「家庭内ディスカッション」はいつものことだけど、
ウチはスタッフルームに近いから、この先も時折こんなことがあるのかもしれない。


今日の朝ごはんは昨夜の残りもの(おじやと蒸し鶏)。

f0151592_20231013.jpg




昨夜夕飯を食べながら聞いた事の次第は以下の通り。

ZOOの担当回(とりあえず第4〜7話の予定)で、
重要な敵役の「K岡」がクラシック音楽を聴くリスニングルームを
ロケセットで組みたいと話していたところ、
初回〜第3話担当のチーフ・ディレクターのY監督もその部屋を使いたいとの由。

それ自体は問題はないのだけれど、
ZOOが希望している「室内の防弾ガラスの衝立」というのが、
スケジュールが切迫している中、CG合成に難ありと制作部で問題になったのだか。

「Y監督のイメージではK岡の部屋のシーンは明るいみたいだけど、
 俺が考えてるのは間接照明で薄暗い感じだから、合成に支障はないはず。
 どうしても無理なら仕方がないけど、そうするとシナリオを手直ししなくちゃいけないから、
 別の厄介な問題が生じるのでは?」
と伝え、最終的には制作部に委ねたという。

ZOOが
「K岡のペントハウスの部屋がこんな感じだって、何か具体的な画像があればいいんだよな」と言うので、
「こないだ観た『オールド・ボーイ』の大富豪の部屋だとか、
『ブレードランナー』のタイレルの社長の部屋とか、いろいろあるじゃん」と私。

ZOOは「ああ、ブレードランナーね!」と、すぐに画像検索し、
スタッフと共有するためiPadで気になる画像をいくつか保存していた。

便利な時代になったものだなぁと、つくづく思った。


こういったことはFacebookの『黒蓮亭日記』の方に書こうかとも思ったのだけど、
ここ数日は新しい商品のUPもできなさそうなので、埋草に差し支えなさそうな範囲で書いてみた。

f0151592_20231409.jpg

今日はTプロデューサーにいただいたケーキをおやつに(このブログでは稀な “リア充” 感)。
大変美味しゅうございました。


by penelope33 | 2017-01-10 22:17 | つれづれ | Comments(0)


<< iPadのカメラ機能について      近況など >>