青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 10月 27日

古い中国の丸椅子

今年の4月で永福町に住んで20年、
10月で今の借家に引っ越して8年になった
(永福町というのは、渋谷から西に向かって吉祥寺まで延びている京王井の頭線の、
ちょうど真ん中あたりの住宅街。東京都杉並区)。
我ながら経済的というか腰が重いというか……。

f0151592_817940.jpg




前半の12年半は、六畳一間の古いアパートに住んでいた。
その名も「和泉荘」。
入居時で推定築30年、家賃4万7千円・管理費 500円
(500円って、遠足のオヤツ代みたいだ……)。
駅から徒歩4分、風呂・トイレ付、2階・角部屋、日当たり良好。
出入口のドアの幅が妙に狭くて、友人たちは「コミヤ(←旧姓)サイズ」と笑っていた
(ちなみに私、身長152cmのチビです)。

見栄っ張りの兄からは「こんなとこに住むの?」と馬鹿にされ、
最初のうちは「そうか、ビンボー臭いか……」と恥ずかしく思っていた。
バブル時代とは無縁の “イズミ荘のセイシュン”。
でも、家賃を低く抑えていたおかげで、
無職だったりフリーターだったりしたときもなんとか切り抜けることができた。

母方の祖父が建てた古い平家で生まれ育ったので、
安アパートも長年住んでいるうちに愛着がわいてきて、
訪れる家族や友人たちが「ここ、なんか落ち着く〜」とくつろいでいるのを見るにつけ、
「ああ、古くても和めればいいのか」と思うようになってきた
(『クウネル』や『天然生活』といった雑誌が創刊され、
古いものを楽しむライフ・スタイルが定着するずーっと前の話)。

f0151592_135247100.jpg'93年に出版された『TOKYO STYLE』というこの風変わり
な写真集(美術・建築関係のライター・エディターにして、
その後木村伊兵衛賞受賞写真家となった都築響一が、都内
の家賃10万円以下の賃貸物件を大型カメラで活写したもの)
が、住まい・インテリアなんて「住む人にとって心地よけ
ればいい」と言ってくれたような気がした。

インテリアへの関心が高まるにつれ、
太極拳を習ったり中国雑貨が好きだったりといった
元来の「中国趣味(=シノワズリ)」を
当時のアジアン雑貨ブームが後押しして、
和室と相性のよい新旧のアジアの国々のものに
自然と目が向くようになっていった。


最初の画像の丸椅子はその頃に買ったもの(中国・清朝末期/高さ:34cm)。
青山の中国家具のギャラリーが恵比寿・三越の催事展で売っていたものなので、
4万円強と決して安くはなかったが、見た瞬間に「あ、これは『ワタシ』」と思った。
子ども用の椅子というより “椅子の子ども” といった感じ。
ジャスト・マイ・サイズ。

小さな引き出しは、床屋の小銭入れだったり
纏足の手入れ用具入れだったりというのは本で見たことがある。
これは何を入れていたのだろう……。f0151592_8394757.jpg

右の画像にあるような明朝スタイルの椅子だったら
立派なお屋敷やモダンなマンションのほうが似合うけど、
この丸椅子は安アパートにもすんなり馴染んでくれた。
この先もずっとつきあっていきたい……というか、
初めて会ったときから自分の分身のような、そんな椅子。

by penelope33 | 2007-10-27 08:33 | ウチのもの | Comments(8)
Commented by びっき☆ at 2007-10-28 02:08 x
中国のものにまで手をだしていたのですね^^;
周・春秋・戦国・秦・漢・三国… 思わず最初から数えてみましたが見当がつきません。
中国語を専攻していたのですが、何の役にもたってない様です。
いったい、どんな人がこの椅子に座っていたのでしょう…
目を閉じ、この椅子に座るとこたえてくれますか?
Commented by penelope33 at 2007-10-28 03:57
びっき☆さん、そんな昔じゃないですよ〜。清朝の末頃です。
この椅子、よみかきSNSの挨拶帳で
私の代わりにゲストをお迎えしています。

中国の古いものでは、この他に高さ170cm以上の書棚、
化粧品を入れている小さな漆の箱(よみかき日記に登場済み)、
アールデコ風のデザインの急須などを持っています。

こんなふうに黒っぽい色の家具は北方のものらしいです。
路地で煙管をくゆらすおじいさん、よちよち歩きの小さな子ども、
働きものの若い娘さん……いろんな人を思い浮かべてます。
寒い地方でみんな着ぶくれしてる感じがします……。
Commented by sa55t at 2007-10-28 05:03
こんばんは
初めまして、何となく流れ着きました。
古風なものが色々出ていて興味を持ちました。
またお邪魔します。
Commented by penelope33 at 2007-10-28 08:18
sa55tさん、コメントをいただき、ありがとうございました。
よくここにたどりつきましたねー(未知の方からの初コメントです!)。
sa55tさんのブログを拝見すると、
「自分はなんとも小さな世界でチマチマしたことをやっているなぁ」
と思う私でした……。
Commented by doubtbeat!! at 2007-10-28 10:35 x
ペネロープさんこちらでははじめまして!
ぼくが上京して最初に住んだアパートの名前が和泉荘だったんで
これはものすごい偶然ですね(たぶん違うアパートですが)
明大前の風呂なし9畳家賃4万3千円でした!
ぼくが引っ越した後はイラン人が住んでたみたいです。。。
Commented by penelope33 at 2007-10-28 13:18
元・「和泉荘」出身のdoubtbeat!!さん、ようこそ!
風呂なしでも9畳4万3千円はなかなかいいかも。
でも、今どき風呂なし物件なんて、
生活費を切り詰めたい外国人くらいしか住まないのかな……?

Commented by るー at 2007-10-28 17:57 x
年賀状でいただいて、ペネさん味(?)に感激し、
いまでも壁に飾っていますよー!
「椅子のこども」 うん、そうですねー 
Commented by penelope33 at 2007-10-28 23:46
るーさん、いつもありがとうございます。
ブログつくってから、
またるーさんとお話しする機会が増えてウレシイです。


<< 紀元2600年製のアルミ水筒      古伊万里白磁輪刻大蓋茶碗 >>