2007年 11月 06日

忠猫ヤマコ

残暑厳しい9月のある晩、
さて買い物に出かけようかと玄関を出ると、
どこにいたのかヤマコがやってきた。

f0151592_1093153.jpg





歩いている脚めがけてタックルしてくるので、
ころびそうになったり、踏んでしまいそうになったり。

f0151592_1095246.jpg


どちらかが先になると相手を振り返る
(ちょっと『話の話』っぽい色調だな……)。

皮膚科のある三叉路までがヤマコのテリトリー。

帰りにそのあたりにさしかかると、迎えに来て我が家までついてくる。
忠犬ならぬ忠猫。

f0151592_1010782.jpg


結局一緒に家の中へ。
f0151592_1011439.jpg


by penelope33 | 2007-11-06 10:20 | つれづれ | Comments(4)
Commented by るー at 2007-11-07 17:28 x
ヤマっち(なれなれしい)、入ってちゃったんですねー うふ。
「なにか問題でも?」といいたげな表情が、イカしてます。
Commented by penelope33 at 2007-11-07 18:14
ヤマっちって、同級生みたいでいいですね。
最近ウチでは「ヤマちゃん」と呼んでいます。
「ヤーマちゃん」と呼ぶと、
小さな声で「(ニ)ァア」と答えるようになってしまいました。
こいつのアイデンティティはいったいどーなっとるんでしょうね(笑)。

そして「ヤマちゃん」といえば、
この年の流行語を思い出す私なのでした……。
http://homepage3.nifty.com/downtown-boy/syouwashi/syouwa47.html
Commented by るー at 2007-11-08 08:49 x
今日かかわる全ての「やま」が付く人に
「若さだよ、ヤマちゃん」と言いそうです。

あー、もう、朝から笑っちゃいましたよー 
Commented by penelope33 at 2007-11-08 13:36
どのくらいの年齢の人まで通じるんでしょうね?
地雷に御注意(笑)。


<< 古伊万里染付格子文向付      BRIT POPなチャイルド・チェア >>