青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 11月 09日

古い試験管スタンド

実験用具か、あるいは病院などで血液検査に使われたものか、
適度に錆びた金属製のスタンドと、
無地でごく薄くはかなげな試験管のセット。

f0151592_1614233.jpg




花器としての提案をするのであれば、
アンティークの少女や花のカード、
レースのドイリーなどをあしらうのが“王道”なのかもしれないが、
1917年に創刊された
オランダの美術誌『デ・スティル』の表紙のデザインのカードを貼り、
あくまでハードエッジな気分でいきたい自分なのだった。

(売約済)

f0151592_18183246.jpg


ところで“試験管”といって思い出すのは、
フランスのデザイン・ユニット“ツェツェアソシエ”の
『四月の花器(VASE D' AVRIL)』
(enter→catalogue→Fleurs et plantsと進むと見られます)。

それと、今年ようやくこの映画のDVDを観た私は、
ここに登場した“採血係の女”を思い出さずにはいられない。

プロデューサーの伊地智啓氏は、
17〜18年前、ほんのわずかな期間だけ私の上司だった人だ。
「曽根監督はどうされているんですか」と尋ねた私に、
「曽根を知っとるのか……」と言ったきり無言になってしまったのを、
昨日のことのように覚えている。

f0151592_18184969.jpg

by penelope33 | 2007-11-09 16:05 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 中国の蒔絵の文箱      平佐焼白磁水注 >>