青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 11月 11日

その後のヤマコ

だんだんと “ゲスト” から “家族” になっていくヤマコ。

f0151592_19433126.jpg




f0151592_19435191.jpg

好かれているようである(手ブレ失礼!)。

f0151592_19441093.jpg

うたたねもする。
2階のカオス状態の4畳半にて。

by penelope33 | 2007-11-11 19:49 | つれづれ | Comments(4)
Commented by るー at 2007-11-12 12:42 x
ほんとですねー あたしンちだけど、なにか?って顔してるー!!

「ぼくの伯父さん」とのコントラストがキマってます。
↑私も飾ってます。ポストカードですが。
Commented by penelope33 at 2007-11-12 13:58
“あたし”に振り回されつつも、なごませてもらう毎日です。

ポスターの裏には二槽式洗濯機が隠れてるんですよ(笑)。
Commented by とうさい at 2007-11-14 09:50 x
こちらでははじめまして!
歴代も見せて頂きましたがこんなにゲストが来るなんてうらやましい。ネコをひきつける匂いのするお家なんですかね?
しかし畳部屋に入れるとばりばりやりませんか?
Commented by penelope33 at 2007-11-14 10:18
とうさいさん、こちらまでようこそ。
「煮干し」が結構魅力的みたいで(笑)。

一度ヤマコに襖をちょっとやられましたけど、
今は椅子の上のクッション(小夏が寝てる下のやつ)を
少しひっかくくらいです。
この頃は「外に出たい」とか「煮干しがほしい」とか、
向こうの要求することがだいたいわかってきたので、
ひっかくそぶりをしたら「はいはい」と従っています。

「外出ても雨降ってるよ。いいの?」
「ぁぅ……」(←小さな声)といったやりとり(?)もします。


<< 小さな木製ガラス棚      磁州窯 “粉引” 小皿 >>