青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 11月 16日

香港から来たホーロー三兄弟

小さな琺瑯のボウル3個。
ウブな(=古い家などから出されてすぐの)
古民具や明治頃の染付磁器などを持って来る業者さんの荷の中に、
新聞紙に包まれてポツンとあった。
なんということのない品だが、色のグラデーションに惹かれてつい買ってしまった。

f0151592_1593644.jpg





f0151592_1595227.jpg


家に帰ってよく洗ってみると、
青いほう2つの裏に「MADE IN HONG KONG」の刻印が。
白いのだけ微妙に形が違うので日本製かとも思ったが、
リムの紺色のラインがテキトーなので、これも同郷か。

(直径:約16cm・高さ:約4.5cm/売約済)

f0151592_1510844.jpg


香港の三兄弟といえば、“だんご”ではなく『Mr.BOO』シリーズの
マイケル、サミュエル、リッキーの“ホイ三兄弟”(実際には五兄弟とのこと)を思い出すが、
残念ながらここで語れる程彼等の映画を観ていない。

元・NEW WAVE少女としては、香港つながりということで '78年発売のこのアルバムを。

f0151592_15102590.jpgオリジナルの英国盤や米国盤には、デビュー・シングルの『香港庭園(ホンコン・ガーデン)』と2ndシングルの『神秘のステアケイス』(←これは日本盤を持っている)は収録されておらず、邦盤は発売元のポリドールがこの2曲をボーナストラックとしてつけた、のだそうだ(知らなかった〜)。左の画像の紙ジャケ仕様CDは、そのかたちで復刻されたもの。

当時14歳だった私は、渋谷陽一のFM番組でシングル版『香港庭園』を聴き、月に1枚しかLPが買えないおこづかいをこのアルバムにつぎ込んだ。
ピストルズ、クラッシュ、ジャム、ダムドの四大パンク・バンドのデビューはリアルタイムでは聴き逃していたのだが、ピストルズの親衛隊だったというスージー・スーの、少しパンクの匂いが残るダーク&ポップなヴォーカルと、神経繊維をかきむしられるようなギター・サウンド(それは2ndアルバムでより顕著になる)にやられてしまったのである。

このバンド、今では“ゴス(ゴシック趣味)の元祖”とされているそうで。

by penelope33 | 2007-11-16 15:36 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented by びっき☆ at 2007-11-17 00:49 x
この大きさがいいですね~

ビー玉やおはじき入れたら可愛いだろうなぁ~♪
リムの色が日本のだと、もう少し濃い色が多い様な。。。
みんな、いい色でいいですね。
Commented by penelope33 at 2007-11-17 10:37
もう少し大きくなると“洗面器”(子どもの頃お世話になった……)に
なっちゃうところですが、かわいいサイズです。
ビー玉やおはじき、似合いそうですね。
3つ並べて使いたいところですが、そうなると“店”の什器か……。
(う〜む……)。


<< 大江戸骨董市(11/18)      PRE-PUNK in 川越 >>