青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 11月 28日

通い猫列伝[4] メリッサ

若くてきれいな毛並、でもちょっとペシャ顔の雌猫。
迷彩柄の首輪から、個性的な飼い主を想像する。
有名な “不思議顔の猫” にちょっと似ているので、ZOOは最初「マコ」と呼んでいた。

見ようによっては “シャビー” な我が家の玄関のドアの前で。↓

f0151592_17561243.jpg






でも、本家「まこ」の個性は唯一無二、その名をいただくのはなんだかなと思い、
キツそうなイメージ、それと顔がメリ込んでいることから、「メリッサ」と命名。
「まんまやん……」といったネーミングのセンスは、
エサを食べる際に強欲ぶりを発揮するニワトリに「ヨク」と名付けた子どもの頃と、
あまり変わっていない。

f0151592_17563115.jpg


メリッサは寡黙な猫だ。
エサをやってもなでても反応がなく、ヤマコのような喜怒哀楽が感じられない。
ZOOは「少しアタマが足りないんじゃないか?」と言うのだが、
ヤマコの残したエサをすかさず食べに来るところを見ると、
結構したたかな奴に思える。

f0151592_17564416.jpg


以前、お風呂場の窓の網戸が少し開いて、
壁のタイルに謎の肉球痕が残されていたことがあった。
決定的瞬間は撮り逃してしまったが、
メリッサはこの太い前脚で網戸を開けることができるのだと判明。

f0151592_17565885.jpg


最初のうちはヤマコが食べ残したエサをやっていたのだけど、
庭でヤマコとうなりあっているのを見て、
2匹がライバル関係にあることがわかり、やめてしまった。

メリちゃん、ごめん……。

by penelope33 | 2007-11-28 18:03 | つれづれ | Comments(6)
Commented by sa55t at 2007-11-29 01:59
これって、御宅(おんたくって読んで下さい)の玄関ドア?
好きです、こういうの。
Commented by penelope33 at 2007-11-29 02:15
はい。借家ですが。
築30〜40年程でしょうか……。
Commented by N.Kojima at 2007-12-04 01:52 x
玄関のドアの色がなんともいいですね。
Commented by penelope33 at 2007-12-04 02:31
おそらく職人さんが腐食防止用の塗料を塗ったのだと思いますが、
赤福の餡みたいな色が渋いですね(笑)。
Commented by るー at 2007-12-04 11:23 x
網戸がいい感じに「ぼかし」のように見えて
メリちゃんが神秘的に見えます。

強欲→ヨクと命名。・・・さすがペネさん!!ナイスっ!!
Commented by penelope33 at 2007-12-04 15:56
神秘のベールの下は食い意地という煩悩が(笑)。

もう1匹のニワトリは「タメ」といいました。
ハナ肇の「アッと驚くタメゴロ〜」から取りました。
テレビの『ゲバゲバ60分(後に『〜90分』)』が好きでした。


<< ナゾの古陶磁      鎬のきれいな白磁ボウル >>